活動報告

環境 ~私たちの活動の一部を紹介します。~

環境地域貢献文化教育

ecoプロジェクト

[実施施設]LALAガーデンつくば
[実施期間]2018年2月8日(木)~3月11日(日)

LALAガーデンつくばでは、「ecoプロジェクト」と称して、対象店舗にて衣料回収の訴求強化と、買取強化をしました。あわせてレジ芯やペットボトル等の廃材を使用したワークショップを実施し、お客様にecoを身近に感じながら楽しんでいただきました。

▲ページトップ

環境地域貢献文化教育

みつばちあ~赤坂BeeTownプロジェクト~

[実施施設]赤坂Bizタワー SHOPS&DINING
[実施期間]2011年4月~継続中

「環境にやさしい街」を目指す赤坂が、『みつばちあ~赤坂BeeTownプロジェクト2011~』をスタートさせました。(社)日本養蜂はちみつ協会等のご協力を得て、3月下旬、TBS放送センター8階の低層階屋上にみつばちの巣箱を設置。夏前までの3〜4カ月間、みつばち達は赤坂から皇居や新宿御苑、日比谷公園などへ出かけ、たくさんの花の蜜を集めます。街路樹などの花も多く、農薬汚染の心配のない赤坂を中心とした近辺の環境は、花も多く、みつばちが住むには適した環境といえるのです。

わたしたちは、この『みつばちあ~赤坂BeeTownプロジェクト2011~』を通して、みつばち達が花から花へつなげる力のように、赤坂の商店、企業、住人のみなさんをより強くつないでいくと同時に、赤坂が応援する東北の被災地のみなさんともつながり、復興を祈り、精一杯応援しようと考えています。その思いをこめて、この春採取した「赤坂ハチミツ」は、被災地の子供たちへプレゼントする予定です。

さらに、知っているようで実はよく知らない「みつばち」の生態や素晴らしさ、不思議を実感し理解してもらいたいと「みつばち体験学習ツアー」も企画。こちらは、地元・赤坂の小学校が授業の一環として訪れる予定です。先日は、グランドプリンスホテル赤坂に滞在中の福島から避難されている方々を招待し、「みつばち体験学習ツアー」を実施し、とれたての“赤坂はちみつ"もテイステイングしていただきました。緑あふれる環境都市・赤坂は、多くの生物が共生できるだけでなく、人と人がさまざまな垣根をこえてつながれる好環境都市としても、この春、大きく動きだします。

※「みつばちあ」とは、“みつばち”と“チア”(元気にする)を合わせた造語です。“みつばち”で赤坂を、日本を、みんなを元気にしたい、という思いから命名しました。

【実施概要】

主催:赤坂まちづくり代表会議、TBSテレビ
協賛:三井不動産、TBSホールデイングス
協力:日本養蜂はちみつ協会、博報堂/博報堂DYメデイアパートナーズ

▲ページトップ

環境地域貢献国際貢献

書き損じハガキ、使用済み切手回収

[実施施設]ラゾーナ川崎プラザ
[実施期間]2010年2月1日(月)~

ラゾーナ川崎では、使用済みの切手や書き損じハガキなどを集めて福祉団体などへ寄贈しています。寄贈した物品は換金され、発展途上国の支援や施設団体の運営資金などに活用されるようです。回収BOXは2ヶ所(施設内1F/2F)へ設置しており、折込チラシへ掲載してからは、多くのお客様がお持ちくださるようになりました。普段から貯めている方がこの機会にお持ちになり、近隣の会社で集めている方、日ごろ自主的に郵便局へ持って行っていた方が当施設へ持ってきてくださるようになりました。

▲ページトップ

環境地域貢献

照度感知照明

[実施施設]LaLaテラス南千住
[実施期間]2009年9月10日(水)~実施中

当館では、環境に配慮した「節電」対策のため、各通路において明るさを感知し、明るい時間は全消灯・間引き消灯、暗くなると全灯する照度感知照明システムを導入しました。

駐車場側 消灯

駐車場側 全灯

ドナウ通り側 1階 消灯

ドナウ通り側 1階 全灯

▲ページトップ

環境地域貢献

LEDダウンライト『E-CORE』へ変更

[実施施設]ラゾーナ川崎プラザ
[実施期間]2009年8月23日(土)より設置


館内エコツアーで「E-CORE」のダウンライトゾーンを見学している様子

CO2削減に貢献するため、ラゾーナ川崎プラザ・プラザイースト2階の照明130個を、LEDダウンライト『E-CORE』に変更しました。
この『E-CORE』は、エネルギー消費量が従来の照明器具の約1/7となっているため、館内温度上昇を抑制することができ、地球温暖化防止へ役立つものです。

【LEDダウンライト『E-CORE』詳細】

独自の放熱設計により、LEDの寿命は40,000時間となっており、従来の照明器具の20倍の長寿命

京都議定書目標達成計画の目標性能値を照明業界で初めて達成したLED照明。エネルギー消費量が目標値1/5を超えた1/7となっている。

▲ページトップ

環境地域貢献

ららぽーと磐田 エコ&まちづくり

[実施施設]ららぽーと磐田
[実施期間]2009年6月25日(木)オープン~

6月25日(木)にオープンした、「三井ショッピングパーク ららぽーと磐田」には環境に配慮した様々な設備があります。今回は、そのなかの一部をご紹介します。お近くへいらした際はショッピングやご飲食サービスとともに、お気軽に身近なエコをご体験ください。

(1)風力発電

ららぽーと磐田内に入って目を引くのが『風力発電』の風車です。風力発電は風のエネルギーを利用して電気をおこす環境にやさしい発電機です。発電された電力は施設で利用したり、レンタル用の電動アシスト自転車の充電にも活用しています。設置場所は風が絶えないところなので、常に大きく風車が回転している様子がみられます。


風力発電

(2)電気自動車 急速充電器

ららぽーと磐田には、無料で利用できる電気自動車用の充電器を備えています。なおこの充電器の電力にも、風力発電でおこした電力を用いています。


電気自動車 急速充電器

(3)エコブース

ららぽーと磐田の施設内には、風力発電の発電量が表示されている液晶ビジョンや環境についての書籍が自由に読めるようになっている『エコブース』があります。定期的にエコブースの書籍は変わりますので、ぜひご利用ください。


書籍の貸し出し(無料)

エコブース1

エコブース2

(4)レンタサイクル(電動アシスト自転車の貸し出し)

ららぽーと磐田では電動アシスト自転車*の貸し出し(有料)を行っており、市内の見どころを回遊するのにも便利です。また、エコな乗り物で自転車で当館へご来館された方へのサービスも実施しています。

※電動アシスト自転車の充電は館内の風力発電の電力を活用しています。


レンタサイクル

▲ページトップ

環境地域貢献

エコ素材の制服にかわりました!

[実施施設]ららぽーとTOKYO-BAY、ららぽーと甲子園、ららぽーと横浜、アーバンドック ららぽーと豊洲、ららぽーと柏の葉、ららぽーと磐田、ラゾーナ川崎プラザ
[実施期間]2009年6月1日(金)~

館内のインフォメーションスタッフ、アテンダントスタッフの制服が6月より新しくなりました。 夏らしくリニューアルすることと共に今回は素材を環境に配慮したエコ素材で制作しています。色合いも環境を連想できるグリーンを基調に清潔感と涼しさをアピールしています。是非施設にお越しになった際には、インフォメーションスタッフを探してみてください。

▲ページトップ

環境地域貢献

エコ・プロジェクト

[実施施設]アルパーク、LALAガーデンつくば、ステラタウン、ララスクエア宇都宮、トレアージュ白旗、LaLaテラス南千住、ララガーデン春日部
[実施期間]2008年11月1日(土)~

エコの輪が広がっていく事を願い、大人から子どもまで、家族や仲間で楽しく参加できるエコ・プロジェクトを11月1日よりスタートさせます。詳細は各バナーをクリックください。

KIDs エコクイズ・キャンペーン(第1弾 12/5(金)~12/21(日))

▲ページトップ

環境地域貢献

ライトダウンキャンペーン継続実施中

[実施施設]三井アウトレットパーク マリンピア神戸
[実施期間]2008年9月3日(水)~実施中

環境省の呼び掛けによる、温暖化防止の為、ライトアップ施設や家庭の電気を消す「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に6/21・7/7参加し、9/2より継続的に実施することにいたしました。
当施設の壁面電照サインの消灯をしております。

2009年も同様に、6月21日・7月7日と参加し、お客様の安全面を考慮した上で、消灯箇所を増やしました。

▲ページトップ

環境地域貢献

ラゾーナ川崎プラザ「エコボックス」設置

[実施施設]ラゾーナ川崎プラザ
[実施期間]2008年8月27日(水)より設置

ラゾーナ川崎プラザでは「できることから始めよう!ラゾーナから始めよう!」というメッセージとともにお客様に、環境問題を身近に感じていただくための活動を積極的に行っています。その活動のひとつとして、資源のリサイクルを推進していくために、お客様にご利用いただけるリサイクル回収ボックスを「エコボックス」と名づけ、館内に設置いたしました。この「エコボックス」設置場所では毎月1回、回収状況や結果の報告も行っていきます。

【「エコボックス」詳細】

回収品

ペットボトル・牛乳バック・食品トレー3品

設置場所

1階グラン・フード ローソン横出入口・1階北側無印良品・SANWA通路(2箇所)

回収方法告知予定

ポスター・フロアガイド(折込チラシ・HP・メルマガ)

▲ページトップ

環境地域貢献

太陽光発電、風力発電、NAS電池、氷蓄熱装置

[実施施設]ららぽーと柏の葉
[実施期間]開業時(2006年11月22日)より

太陽光発電

フードコートの屋根にソーラーパネルを設置。太陽光発電を行うことにより使用電力を節減しています。1日当たり約35kWhを発電。


※発電量はその日の気象により大きく変わります。

風力発電

屋上庭園からご覧いただける風力発電で省エネルギーに貢献しています。風速3.5mの風(砂埃が立つ程度のやや強い風)が平均して吹いている場合、1日当たり約1.95kWhの発電。


※発電量はその日の気象により大きく変わります。

NAS電池

夜間の電力消費の少ない時間帯に発電所からの電力で充電し貯蔵された電力を昼間の電力消費の多い時間帯に負荷供給することで1日の電力消費量の変動を平準化する役割を担っています。また割安な夜間電力の利用、契約電力の低減により省コストにもなります。

氷蓄熱装置

夜間電力を利用して蓄熱槽内に氷を作り、昼間はそれを溶かすことによって製造した冷水を空調機に送って冷房を行っています。夏の午後の一番暑い時間帯でも冷房を氷からの冷熱だけでまかなうことができます。

▲ページトップ

環境地域貢献

トイレット自動流水装置

[実施施設]ララスクエア宇都宮
[実施期間]開業時(2005年4月)より

お客様用・従業員女子トイレに自動流水装置を設置。この装置はセンサーにより利用者を感知して流水音を自動的にながしたり、利用者を10秒以上、90秒以内連続感知した後は「小」用の水量を、91秒以上連続感知した後は「大」用の水量を自動的に流水することができます。このシステムにより水の使用負荷を軽減させています。

▲ページトップ

環境地域貢献

トイレ節水機設置

[実施施設]アルパーク
[実施期間]2003年12月1日~

1990年4月にオープンしたアルパークのトイレのほとんどが旧式の和式トイレで節水機能が付いていない為、2003年12月より外付けで節水機を設置しています。
(東棟70台、南棟2台、新館6台、西棟21台 合計99台)
また、2006年~2007年には客用トイレ約70箇所に音姫を設置したことにより、さらに節水することが出来きました。今後はトイレ以外の水量削減(空調利用等)を検討中です。

【水道使用量*】
2004年度との対比で、2005年度(1年目)▲15% 2006年度▲16% 2007年度▲20%と順調に推移。*トイレを含む共用部全体の水道使用量。(自社調査)

▲ページトップ

環境地域貢献文化教育

トイレ節水機設置

[実施施設]三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
[実施期間]2002年4月~

サウスエリアのお客様用トイレに節水型トイレ自動洗浄装置を59台設置。この装置はセンサーが大便・小便を自動で判別し適正な水量を流すため、ハンドル操作で発生する排水量と排水時間のバラツキを抑えることができるものです。その結果「節水」、消費排水量の削減による節電・CO2削減にもつながっています。

▲ページトップ

環境地域貢献

環境に配慮した“ハイブリッドバス”をシャトルバスに利用

[実施施設]ららぽーとTOKYO-BAY
[実施期間]実施中

当施設のシャトルバス運行業務を委託している京成バスの協力によって、環境に配慮したハイブリッドシャトルバスを<船橋競馬場駅⇔ららぽーとTOKYO-BAY間>で走行しています。

▲ページトップ

環境地域貢献文化教育

屋上緑化

[実施施設]ラゾーナ川崎プラザ
[実施期間]開業時より

ラゾーナ川崎プラザでは緑化計画に基づき、屋上や4階などに緑を配置しています。

▲ページトップ

おすすめコンテンツ
活動報告
環境
地域貢献
文化教育
国際貢献
過去の活動報告
2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動
2007年の活動
施設ごとの活動報告

すまいのECOチャレンジ