森林保全の大切さ森林を取り巻く問題と、健全な森を守り続ける意味

健全な森を守る、育てる大切さ

なぜ三井不動産グループが森を育てているのか。それには、日本の森林事情や世界的な環境破壊(違法伐採等)が深く関係しています。日本は国土面積の約7割が森林という森林大国です。その約4割が、主に木材の生産のために人工的に育成された人工林です。

人工林を健全なまま維持するためには、人の手による適切な管理が欠かせません。しかし、1964年木材の輸入自由化とともに国産材の価格が低迷し、林業が衰退。林業離れによる後継者不足や林業就業者の高齢化などもあり、現在も、多くの人工林で森林が放置されています。

森のトリビア

天然林と人工林の違いとは?

  • 国内森林面積の約50%
    天然林

    自然の力でできた森で、様々な木が育つ。
    人の手をあまり入れず、自然のままとする。

  • 国内森林面積の約40%
    人工林

    人間が苗木を植えて育てた森。針葉樹が多い。
    下刈りや枝打ちなど、人による適切な管理が必要。

健全な森の主な働きとは?

  • 洪水や
    土砂くずれを防ぐ

    生き物が生息する森の中の土は、スポンジのように水を吸収し、蓄えやすくなっています。また木の根が土をしっかりつかんでいるため、洪水や土砂くずれも防ぎます。

  • 地球温暖化を
    緩和する

    木々の葉が二酸化炭素を吸収し、私たちや生物に必要な酸素を供給することで、地球温暖化を緩和します。

  • 動物や植物の
    成育を守る

    強い雨風や、日光をやわらげる森は、動物や昆虫、植物にとって安心して生息できる環境です。森を守ることで、生物の育つ場を提供しています。

page top