ニュースリリース
2009

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 住まい

街づくりのテーマは「低炭素型社会の実現」
来年春開業予定の阪急電鉄新駅「摂津市」駅前・大規模複合開発が推進中の南千里丘
「(仮称)南千里丘マンションプロジェクト(総戸数586戸)」概要決定
〜太陽光発電・エコカーによるカーシェアリング・消費エネルギーの見える化など〜

平成21年9月2日 三井不動産レジデンシャル株式会社

 三井不動産レジデンシャル株式会社は、大阪府摂津市南千里丘にて開発中の大型分譲マンション「(仮称)南千里丘マンションプロジェクト(総戸数586戸)」の概要が決定し、会員募集を開始いたします。なお、販売開始は来年春を予定しています。

 摂津市南千里丘では、現在、開発面積約6.8haの「南千里丘まちづくり事業」が推進中です。摂津市施行の土地区画整理事業や境川親水整備事業をはじめ、来年春には阪急京都線の新駅「摂津市」駅が開業予定のほか、本プロジェクトを含めた約1,000戸の分譲住宅や駅前広場、摂津市民の活動拠点となる「(仮称)コミュニティプラザ複合施設」なども建設予定です。

 当エリアの街づくりは「低炭素型社会の実現」をテーマに、CO2(二酸化炭素)排出量削減に向けた取組みが計画されています。阪急京都線の新駅は、日本初のカーボン・ニュートラル・ステーションとして建設されるほか、本プロジェクトについても、太陽光発電やエコカーによるカーシェアリング、家庭内消費エネルギーの見える化など、ハード・ソフト両面において様々な環境配慮を行う予定です。

 また、本プロジェクトでは、子育て世代を中心に、シングルやDINKS、アクティブシニアなど幅広い層の方々の豊かで潤いのある暮らしの実現のため、スポーツアリーナや屋上菜園など多様な共用施設を設けるほか、入居後もコミュニティ活動を促進するプログラムを実施する予定にしています。

 なお、9月4日(金)・5日(土)には、阪急梅田・BIGMAN前広場において、エコ体感イベントを実施いたします。


摂津市駅前 完成イメージパース


(仮称)南千里丘マンションプロジェクト 外観パース

<(仮称)南千里丘マンションプロジェクトの主な特徴>

  • 阪急京都線新駅前・開発面積約6.8haの大規模複合開発が推進中の南千里丘
    • 阪急京都線新駅「摂津市」駅(平成22年春開業予定)徒歩1分に立地。
      JR「千里丘」駅から徒歩12分、大阪モノレール「摂津」駅から徒歩14分と3路線利用可。
    • 摂津市施行による土地区画整理事業地内に誕生。境川親水整備事業のほか、本プロジェクトを含めた約1,000戸の分譲住宅や駅前広場、「(仮称)コミュニティプラザ複合施設」なども建設予定。
  • 環境配慮への取組み
    • 8つのガーデンのほか、駐車場棟の屋上緑化など、緑豊かな住環境の創出。
    • 太陽光発電システムを採用し、共用部電力に使用。
    • 植栽への散水やマンション内水景施設における雨水利用。
    • エコカーによるカーシェアリングの採用。
    • 家庭内の電気などの消費量、CO2排出量をチェックできる「エネルギー見える化システム」を導入。
    • 高効率ガス給湯器エコジョーズやLOW−Eペアガラスなど、環境に配慮した設備・仕様。
    • 次世代省エネルギー基準、設計住宅性能評価<省エネルギー対策>最高等級の「等級4」を取得。
  • 幅広い世代のコミュニティを促進する多様な共用施設
    • 駐車場棟には自然と親しめる「屋上庭園」と「屋上菜園」を配置。
    • 趣味を広げる「スポーツアリーナ」や「音楽スタジオ」。
    • 子育て支援施設として「保育園」や「キッズルーム」を用意。
    • 「シアタールーム」や「ゲストルーム」も用意。
    • 入居後にはコミュニティ活動を促進、支援するプログラムを計画。
  • 安全・安心に対する共用施設・設備
    • 24時間有人管理のほか、敷地内には街の安全を守る「大阪ガスセキュリティサービス地域警備サテライト(警備員待機室)」も設置予定。
    • 気象庁の緊急地震速報に連動したシステムの採用。
    • AED(自動体外式除細動器)を共用部に設置。
    • 万一の災害に備えた防災備蓄倉庫の設置。

*「(仮称)南千里丘マンションプロジェクト」ウェブサイト http://www.city-egg.com

【「(仮称)南千里丘マンションプロジェクト」概要】

所在地 南千里丘土地区画整理事業仮換地街区番号1符号1(仮換地指定済)
*従前地地番:大阪府摂津市南千里丘515−4
交通 阪急京都線「摂津市」駅徒歩1分(平成22年春開業予定)
JR京都線「千里丘」駅徒歩12分、大阪モノレール「摂津」駅徒歩14分
敷地面積 14,549.56m2(4,401.24坪) *建築確認対象面積
延床面積 67,562.34m2(20,437.61坪)
構造規模 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造、地上20階地下1階
総戸数 586戸
専有面積 55.12m2〜99.79m2
駐車台数 441台(自走式)
設計施工 株式会社熊谷組
スケジュール 平成21年5月
平成22年1月下旬
平成22年春
平成23年3月
着工
モデルルームオープン予定
販売開始予定
竣工予定

【現地案内図】

<広域図>

▲クリックすると拡大します

<現地周辺図>

▲クリックすると拡大します

【「南千里丘まちづくり事業」について】

  • 南千里丘まちづくり事業について
    • 摂津市南千里丘にて開発面積約6.8ha(甲子園球場の約1.7倍の広さ)の街づくりが推進中。
    • 摂津市施行の土地区画整理事業や境川親水整備事業をはじめ、阪急京都線の新駅「摂津市」駅が新たに開業予定のほか、駅前広場や(仮称)コミュニティプラザ複合施設、分譲住宅、高齢者向け分譲マンションなども建設される。平成22年春街びらきの予定。
    • 「健康・福祉・医療」「文化・教育」の機能集積と交流づくりを基本コンセプトに、「地球温暖化対策モデル地区」と位置づけられ、「低炭素型社会の実現」に向けた様々な取り組みが計画されている。
    • (仮称)コミュニティプラザ複合施設は、300人収容のコンベンションホールや気軽に利用できるフリースペースなども設けられる予定で、摂津市民の活動拠点となる。
  • 阪急京都線・新駅「摂津市」駅について
    • 平成22年春開業予定。
    • CO2排出量をゼロにする「日本初のカーボン・ニュートラル・ステーション」。
      太陽光発電やエレベーター回生電力利用等によりCO2排出量を削減。また、直接的に削減困難なCO2は、排出枠購入もしくはグリーン電力証書購入等の方法により相殺する。

【阪急梅田BIGMAN前広場・エコイベントについて】

開催日時 平成21年9月4日(金)・5日(土)午前10時〜午後8時
開催場所 阪急梅田BIGMAN前広場
イベント内容 エコ発電バイクによるエコ体験コーナー、メダカ育成プロジェクトの展示
本プロジェクトを含む南千里丘まちづくり事業の紹介など

*イベント会場で本プロジェクトに会員登録いただいた方にはトートエコバックをもれなく進呈。

関連情報

オフィシャルサイト

三井不動産の住まいに関する製品・サービスをご紹介

支店サイト

ページの先頭へ