ニュースリリース
2009

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • ショッピングセンター

環境省による「平成21年度 省エネ照明デザインモデル事業」において
「アーバンドック ららぽーと豊洲」がモデル事業に選出

平成21年10月20日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社は、当社グループが運営している商業施設「アーバンドック ららぽーと豊洲」(東京都江東区)において、環境省主催「平成21年度 省エネ照明デザインモデル事業」に応募し、今般、同施設がモデル事業として選出されましたのでお知らせいたします。

 環境省による「平成21年度 省エネ照明デザインモデル事業」は、商業施設や店舗等の従来型照明について、施設等の特性に応じて照明器具の配置や光源の使い方を見直すことによって、優れた省エネ効果を達成しながらも、魅力的な空間創りの両立を実現する「省エネ照明デザイン」の設計を行うとともに、実際の店舗等に導入する事業であり、本事業により「省エネ照明」を広く普及させることを目的としています。

 今般選出された「アーバンドック ららぽーと豊洲」では、パナソニック電工株式会社と共同で、お客様がご利用になる共用部において、空間演出を考慮した自然光に近い高演色性のLEDを採用。既設の間接照明との効果を活かしながら、全体の明るさ感を確保する照明計画を提案いたしました。また本計画では、従来型の照明器具全3,668台のうち771台をLED照明器具に交換。これにより、照明の消費電力で約194千kWh/年(従来比約80%減)、CO2排出量換算で約74トン/年の削減となる見込みです。
 なお当施設へのLED照明の導入は、本年12月を予定しております。


アーバンドック ららぽーと豊洲(外観)

導入イメージ

 当社では、「ラゾーナ川崎プラザ」(川崎市幸区)において、すでにLED照明の導入を実施するなど省エネ対策に取り組んでおります。今後も、地球環境に配慮した施設づくりを進めてまいります。

【アーバンドック ららぽーと豊洲施設概要】

所在 東京都江東区豊洲2-4-9
土地所有者 (株)IHI
事業者 三井不動産(株)
運営者 ららぽーとマネジメント(株)
敷地面積 67,499m2
規模 地上5階、地下1階
延床面積 165,037m2
店舗面積 約61,300m2
店舗数 約180店
駐車台数 約2,200台
駐輪台数 約1,600台
設計・建物デザイン (株)日本設計、(株)ラグアルダ・ロウ・棚町アーキテクツ(ジョン・ロウ)
施工 大成建設(株)

関連情報

オフィシャルサイト

ニュースリリース

三井不動産が手がけるショッピングセンター事業をご紹介

ページの先頭へ