ニュースリリース
2010

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • グローバル
  • ショッピングセンター

海外における商業施設事業 初参画
「(仮称)寧波アウトレット計画」
(中華人民共和国 浙江(せっこう)省寧波(にんぽう)市)
平成23年春開業予定

平成22年3月11日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社は、杉杉(しゃんしゃん)集団有限公司、大東紡織株式会社、立栄(りーろん)投資有限公司、伊藤忠商事株式会社と共同で合弁会社「杉井不動産開発(寧波)有限公司」を設立し、中華人民共和国浙江省寧波市においてアウトレット事業を推進することを決定しましたのでお知らせ致します。着工は平成22年4月、第1期開業は平成23年春を予定しています。なお、本施設は寧波市内における初のアウトレット施設となります。

 浙江省は中国最大の経済都市・上海市と江蘇(こうそ)省に隣接しており、中国国内においても経済発展が著しいエリアです。寧波市は海上交通の利便性を活かした貿易の拠点であり、浙江省の主要都市となります。また、紡績やアパレル関連の企業が多く集積している街でもあります。

 本計画地は、寧波市中心部の西約10kmに位置し、また高速道路インターチェンジに近接していることから、市内はもとより広域からのアクセスにも優れた立地となります。さらに、周辺では住宅・ホテルなどの開発が近年進んでおり、今後の発展が見込まれる地域です。

 施設計画は、約116,480m2の敷地に第1期として店舗面積約16,964m2、店舗数約100店、第2期増床後は全体で店舗面積約26,674m2、店舗数約160店を予定しております。施設形状は2層のオープンモールを予定しており、開放感あふれる快適な空間を提供いたします。


イメージパース

 当社は本事業において、これまで日本国内で培ってきた三井アウトレットパーク、三井ショッピングパークららぽーとシリーズを始めとする商業施設の開発、テナントリーシング、運営などのノウハウを活かしてまいります。

 なお、当社においては本事業が海外における商業施設事業への初参画となります。今後、三井不動産グループは、成長著しい中国をはじめとする東アジアにおいて、商業施設事業、住宅分譲事業など、積極的に展開してまいります。

以上

*事業者名で別途ニュースリリースを発信しております。
計画概要、事業者については、こちら参考資料(PDF:489KB)をご覧ください。

位置図

関連情報

三井不動産が手がけるショッピングセンター事業をご紹介

ページの先頭へ