ニュースリリース
2010

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • オフィスビル
  • イベント

重要文化財「三井本館」「日本銀行本店本館」を緑色にライトアップ
「年の瀬日本橋 2010 〜ECO EDO 日本橋 グリーンプロジェクト〜」開催

平成22年11月19日
ECO EDO 日本橋実行委員会、名橋「日本橋」保存会、三井不動産株式会社

 ECO EDO 日本橋実行委員会、名橋「日本橋」保存会は、「人と人、人と自然のつながりを大切にする心で築いていく循環型社会を目指す」という「ECO EDO日本橋」の理念に基づき、昨年に引き続き「年の瀬日本橋2010 〜ECO EDO 日本橋 グリーンプロジェクト〜」を12月15日(水)から26日(日)まで開催します。

 本イベントでは、重要文化財である「三井本館」「日本銀行本店本館」を「グリーン電力証書」を活用した緑色の照明によりライトアップします。これは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどCO2を排出しない自然エネルギーでつくられた電力「グリーン電力」の認知向上と普及拡大を目的とした経済産業省資源エネルギー庁の「グリーン・クリスマス・ライトアップ」の活動趣旨に賛同するものです。 また、本年10月28日にオープンした商業施設「コレド室町」および「コレド日本橋」では、資源エネルギー庁の「グリーン・クリスマス・ライトアップ」のポスターを掲示します。

 点灯式は、12月15日(水)17時から江戸桜通り三井本館前にて行われます。歴史的建造物「三井本館」が、女声5 声のクラシック・ア・カペラ・グループ「Aura(アウラ)」の歌声に合わせて幻想的なグリーンライトに照らしだされます。

 本イベントは、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をコンセプトに、官民地元が一体となって日本橋エリアの活性化と街に新たな魅力を創造する目的で推進されている「日本橋再生計画」の活動の一環でもあります。

※2008年8月、名橋「日本橋保存会」や地元団体、企業などが中心となり「ECO EDO 日本橋」実行委員会を設立。「人と人、人と自然のつながりを大切にしていた江戸の人々の共生の精神を今に伝え、日本橋ならではの新たなスタイルを創造し、発信するまちへ」として「ECO EDO 日本橋」宣言を行いました。

以上


「三井本館」

「日本銀行本店本館」

【年の瀬日本橋 2010 〜ECO EDO 日本橋 グリーンプロジェクト〜】
実施概要

主催 ECO EDO日本橋実行委員会
共催 名橋「日本橋」保存会
特別協賛 三井不動産株式会社
協力 日本銀行、三越日本橋本店、高島屋東京店、コレド室町、
コレド日本橋、YUITO、日本橋室町・本町商店会
後援 中央区、日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会

(1)グリーン電力による緑のライトアップ

実施場所 三井本館、日本銀行本店本館
実施期間 平成22年12月15日(水)〜26日(日)
実施時間 三井本館 17:00頃〜22:00
日本銀行本店本館 17:00〜21:00

(2)資源エネルギー庁「グリーン・クリスマス・ライトアップ」ポスター掲示

実施場所 コレド室町、コレド日本橋
実施期間 平成22年12月15日(水)〜26日(日)

点灯式 概要

実施場所 江戸桜通り
実施日時 平成22年12月15日(水)17:00から(※雨天決行)
出席者 ECO EDO日本橋実行委員会 会長
名橋「日本橋」保存会 会長
Aura(特別ゲスト:クラシック・ア・カペラグループ)

<Aura(アウラ) プロフィール>

究極の楽器ともいうべき“声” だけでみずみずしくかつ優美な音楽織りなす、女声5 声のクラシック・ア・カペラ・グループ。
「その場らしさを際立たせる音楽」という切り口で、街や建築の魅力を体感するプログラムを創作している芸術団体。

グリーン・クリスマス・ライトアップとは
資源エネルギー庁と、「グリーン・エネルギー・パートナーシップ」(平成20年6月にグリーンエネルギーの利用拡大を目的に設立された団体)では、一昨年度より、一般の人々のグリーン電力に対する認知度を向上させるとともに、社会的にグリーン電力導入への機運を盛り上げるため、「グリーン・クリスマス・ライトアップ」を実施しています。
グリーン電力証書を活用し、全国のランドマーク施設や大型商業施設等のイルミネーションの電力をグリーン電力にすることで、一般の市民一人一人に、グリーン電力を身近に感じてもらうことを目的としています。
 

ページの先頭へ