ニュースリリース
2011

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • リゾート

“北半球最大のサンゴ礁群”と“国内最多の84星座”を望む沖縄・八重山地方
南十字星という名のリゾート施設「はいむるぶし」
7月7日(木)リニューアルオープン
〜『ぬちぐすい(命薬)』となる大自然・滞在空間・地産地消の料理〜

平成23年4月7日 三井不動産株式会社、三井不動産リゾート株式会社、株式会社はいむるぶし

 三井不動産グループは、リゾート施設「はいむるぶし(沖縄県八重山郡・客室数110室)」を平成23年7月7日(木)にリニューアルオープンいたします。

 当施設は、沖縄本島から南へ400km、北半球最大のサンゴ礁の海に囲まれた国内最南端のリゾートエリアである八重山地方の小浜島に昭和54年に誕生しました。「はいむるぶし」は、八重山地方の言葉で「南十字星」を意味し、冬から初夏にかけて南十字星を水平線近くに目にすることができるなど国内最多の84星座を望むことができます(*)。
 *八重山地方では、88星座のうち、国内最多の84星座を望むことができます。

 新生「はいむるぶし」は、『ぬちぐすい(命薬)リゾート』をコンセプトに、エントランスロビーやレストラン、テラス、客室をリニューアルいたします。沖縄では、美しい風景やおいしい料理などに出合い、心温かくなり、癒されることを「ぬちぐすい」と言います。八重山地方の伝統・文化、自然を活かした滞在空間や料理、サービスを提供することにより、リゾートライフをより一層満喫いただける施設へと進化し、お客様の「ぬちぐすい」となることを目指します。

<新生「はいむるぶし」の主な特徴>

  1. 八重山上布や竹、水甕、ガジュマルの樹など、八重山の伝統・文化を取り入れた滞在空間
  2. “北半球最大のサンゴ礁群”を抱く海が一望できる客室・テラス・レストラン
  3. 沖縄の食材をふんだんに使用した地産地消の料理、マドンナのプライベートシェフとして世界的に活躍するマクロビオティックコーチ西邨マユミ氏とのコラボレーションによる新メニュー
  4. 八重山のスピリチュアルな空気を感じながら体験できるスパやヨガなどのアクティビティ
  5. 草花が咲き誇る約12万坪の敷地、国内最多84星座が見える夜空やマンタに出会える海などの大自然


小浜島


かぁちばいテラス イメージ

<新生「はいむるぶし」の主な特徴>

  1. 八重山上布や竹、水甕、ガジュマルの樹など、八重山の伝統・文化を取り入れた滞在空間
    今般リニューアルするエントランスロビーやレストラン、テラス、客室(ハーブ棟2階20室)は、八重山地方の伝統的な染織物「八重山上布」や赤茶色の木材「ヤラブ」の文様・色彩をデザインに取り入れるほか、「琉球石灰岩」や古民家の印象的な「面格子」・「竹の網代」、精霊が宿るというガジュマルの樹、八重山のかつての生活に欠かせなかった「水甕」・「民具」など、当地ならではの風土や文化を感じさせる滞在空間といたします。


    八重山上布(参考写真)


    水甕(参考写真)


    民具(参考写真)
  2. “北半球最大のサンゴ礁群”を抱く海が一望できる客室・テラス・レストラン
    リニューアルにより新しく誕生する客室「オーシャンプレミア(約43m2・ハーブ棟2階20室)」は、北半球最大のサンゴ礁群を抱く海をいつでもご覧いただけるようにベッドやソファー、バスルーム等を配置するほか、テラスやレストランなどからも、碧い水平線に浮かぶ黒島や新城島など八重山地方の心洗われる風景をお楽しみいただけます。


    新客室「オーシャンプレミア」イメージ


    はいむるぶし 園内風景
  3. 沖縄の食材をふんだんに使用した地産地消の料理、マドンナのプライベートシェフとして世界的に活躍するマクロビオティックコーチ・西邨マユミ氏とのコラボレーションによる新メニュー
    当施設は、沖縄県農林水産部が取り組む、県産食材の素晴らしさを伝える「おきなわ食材の店」に八重山地方のホテルとして初めて登録を受けた“地産地消”の素材をふんだんに使用した「ブッフェ料理」を提供いたします。
    また、からだを内側からきれいにする食事法「マクロビオティック」の第一人者であり、マドンナのプライベートシェフを務める西邨マユミ氏監修のもと、ぬちぐすいリゾートにふさわしい「プチマクロ」料理を新たなメニューのひとつとしてご用意いたします。
    西邨マユミ(にしむら まゆみ)

    マクロビオティック・コーチ兼プライベートシェフ。
    マクロビオティックの世界的権威である久司道夫氏の下で、料理主任に就任、がん患者の料理指導にあたる。01年マドンナのプライベートシェフに抜擢、マクロビオティックを世界的に注目させる。現在日本に拠点を移しつつ、世界各地で精力的に活動中。

    オフィシャルサイト
    http://mayuminishimura.com/


    沖縄県産の食材
  4. 八重山のスピリチュアルな空気を感じながら体験できるスパやアクティビティ
    新客室「オーシャンプレミア」や「オーシャンビュースイート(現ラグジュアリーオーシャンヴィラ)」では、八重山の薬草から抽出したオリジナルアロマオイルを使ったスパメニューを、客室内にて体験いただけます。また、ダイビングやスノーケル、フィッシングなどのマリンスポーツや自家農園での収穫などの自然体験アクティビティはもとより、ヨガ教室などの新メニューもご用意。八重山のスピリチュアルな空気を身体いっぱいに吸い込み、非日常の空間でリフレッシュしていただけます。


    スパ イメージ

    ヨガ(参考写真)

    収穫体験 イメージ
  5. 草花が咲き誇る約12万坪の敷地、国内最多84星座が見える夜空やマンタに出会える海などの大自然
    約12万坪の広大な敷地には、色鮮やかなハイビスカスや日本最大の蝶・オオゴマダラ、日本最小の蝉・イワサキクサゼミなど、南国ならではの草花や動物・昆虫たちが躍動し、自家農園では、島らっきょう、マンゴー、パイナップルなどの野菜や果物が実ります。また、夜空には、南十字星など、88星座のうち国内最多の84星座が望めるほか、透明度の高い海だからこそ出会うことができるマンタやカクレクマノミなど大自然に心癒されます。


    ビーチハウスから望む夜空


    マンタ イメージ

 三井不動産リゾートグループは、当施設を含め、全国4カ所(4施設合計857室)にてリゾート施設を展開しています。今後も、豊かな自然と地域特性を活かした食や温泉・スパ・自然体験・ゴルフなどの多彩なサービスメニューやアクティビティ、ホスピタリティの高いおもてなしにより、魅力あふれる滞在空間の提供に努めてまいります。

【「はいむるぶし」施設概要】

所在地 〒907-1292沖縄県八重山郡竹富町字小浜2930
総客室数 110室(全6棟/収容人数420名)
飲食施設 レストランぬちぐすい「ブッフェダイニング(150席)」、「グリルダイニング(120席)」、「クラブダイニング(30席)」、「オープンカフェ&バー(30席)」
その他施設 センター棟(レセプション、インフォメーション、ホテルショップ、上記の飲食店舗)、展望大浴場、野外プール、ビーチハウス、ダイバーズルーム、カンファレンスルーム、レンタルカート場、テニスコート(2面)

はいむるぶし全景

園内カジュマルの樹

はいむるぶしビーチ

オーシャンビュースイート

宿泊棟

ビーチハウス

【広域図】

【施設内MAP】


▲クリックすると拡大します

関連情報

オフィシャルサイト

プロジェクト紹介

三井不動産が手がける国内外のリゾート事業をご紹介

支店サイト

ページの先頭へ