ニュースリリース
2010

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • グローバル
  • ショッピングセンター

海外初の商業施設「杉井アウトレット広場・寧波」
9月23日グランドオープン

平成23年9月26日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社、杉杉集団有限公司、大東紡織株式会社、立栄投資有限公司、伊藤忠商事株式会社が、共同で設立した合弁会社「杉井不動産開発(寧波)有限公司」は、中華人民共和国浙江省寧波市において、アウトレットモール「杉井奥特莱斯広場寧波」(日本語名:「杉井アウトレット広場・寧波」)の開発を推進してまいりましたが、9月23日にグランドオープンいたしましたのでお知らせいたします。

 当施設は、当社が海外において参画する初めての商業施設事業であり、寧波市における初の本格的なアウトレット施設となります。三井不動産グループは、当施設を第一歩として、今後も東アジアにおける商業施設事業のさらなる展開を目指すとともに、引き続き住宅分譲事業なども積極的に展開してまいります。 また、現在日本国内において「三井アウトレットパーク」を10施設運営するほか、「三井アウトレットパーク 倉敷(平成23年冬開業予定)」「(仮称)三井アウトレットパーク 木更津金田(平成24年春開業予定)」の  2施設を計画するなど、既存施設の魅力向上とともに、新規出店を今後も積極的に行ってまいります。

<「杉井アウトレット広場・寧波」の主な特徴>

  • 店舗面積約26,000m2、全体店舗数約130店となる、寧波市における初の本格的なアウトレットモール。
  • 寧波市中心部の西約10kmに位置し、高速道路のインターチェンジに近接する交通至便の立地。
  • 遣唐使船の上陸地として、日本とも古くから関係を持つ港町の寧波市にふさわしい「航海」をテーマにした建築デザインと環境演出。
  • 日本国内の施設でも親しまれているサーキット型のモール動線等、買い回りのしやすさに配慮。また、中国のお客様に親しまれる空間を提供。
  • 寧波のマーケットニーズに合わせた中国国内外の多彩なブランドが集結。高感度ファッション、スポーツ、キッズ、ファミリー、アウトドアなど、バラエティ豊かなテナント構成。
  • 国内施設で培ってきた顧客サービスのノウハウをローカライズし、現地スタッフを育成することにより、運営管理面において安心・安全・清潔な施設を目指す。


外観写真(鳥瞰)


外観写真

<杉井アウトレット広場・寧波の概要>

  • 店舗面積約26,000m2、全体店舗区画数約130店となる、寧波市における初の本格的なアウトレット施設。
    • 全テナントがアウトレット店舗のみで構成する施設は寧波市初。
    • テナントは、寧波のマーケットニーズに合わせた中国国内外の多彩なブランドが集結。
      欧米の高級ブランドをはじめ、アジア(中国、韓国)ブランド、日系ブランド、スポーツ雑貨など、バラエティ豊かな店舗構成。
    <主なテナント>
    • 欧米ファッションブランド
      セルッティ1881、ドルチェ&ガッバーナ、カルバンクラインジーンズ、ラコステ、リーバイス、ミスシックスティ など
    • 欧米スポーツ・アウトドアブランド
      ナイキ、アディダス、プーマ、ルコックスポルティフ、ティンバーランド、コロンビア、ヴィクトリノックス など
    • 欧米雑貨ブランド
      ZWILLING、SAMSONITE など
    • 日本ブランド
      セイコー、ナイスクラップ、リーガル、オリーブデオリーブ、ワコール、コンビ など
    • 中国・香港ブランド
      李寧、ELEGANT PROSPER、IT、G2000 など
  • 寧波市の中心部より西へ約10kmに位置し、高速道路のインターチェンジに近接する交通至便の立地。
    さらに寧波市中心部から施設を結ぶ、シャトルバスを2路線運行。
    • 寧波市が所在する浙江省は、中国最大の経済都市・上海市と江蘇(こうそ)省に隣接する、中国国内においても 経済発展が著しいエリアであり、海上交通の利便性を活かした貿易拠点である浙江省の主要都市。 また、紡績やアパレル関連の企業が多く集積している地域。
    • メインターゲットは、寧波在住の自家用車を保有する家族連れや20〜30代を想定。 さらに40代以上の富裕層、周辺からの旅行客もターゲット。
  • 港町の寧波市にふさわしい「航海」をテーマとした建築デザインと環境演出 。
    • 施設を大きく「海」「街」「緑」の3ゾーンに分け、それぞれのゾーンに合わせた施設デザイン。
    • 海ゾーン・・・噴水・池等の水景や、ガラス大屋根、ガラスカーテンウォールの設置など、青い海と白い砂浜のあるビーチリゾートのイメージを演出。
    • 街ゾーン・・・テント屋根の設置やレンガ調の素材を外壁に採用するなど、市場の賑やかさを演出。
    • 緑ゾーン・・・石やタイル、木を利用し、全体的に落ち着いたデザインで、緑豊かな自然のイメージを演出。
  • 日本国内の施設でも親しまれているサーキット型のモール動線等、買い回りのしやすさに配慮。
    また、中国のお客様に親しまれる空間を提供。
    • アウトモールながらも、雨に濡れずに全店回遊できるサーキット型のモール動線を採用。死角がないように区画配置するほか、1〜2階を結ぶ上下動線を多く確保し、全体的な回遊性の向上を図る。
    • 噴水・池などの水景や緑地を施設の随所に設けている他、キッズ広場に遊具を設置する等、中国のお客様に買い物以外にも憩い楽しんでいただける空間を提供。
  • 国内施設で培ってきた顧客サービスのノウハウをローカライズし、現地スタッフを育成することにより、運営管理面において安心・安全・清潔な施設を目指す。


外観写真(駐車場緑化)


外観写真(夜景)


内観写真


内観写真


エントランス前 広場(噴水)


キッズ広場(遊具)

以上

【「杉井アウトレット広場・寧波」概要】

所在地 中華人民共和国 浙江省州区秋路555号
敷地面積 約116,480m2
建築構造 鉄筋コンクリート造地上2階建て
店舗面積 約26,000m2
延床面積 約41,000m2
駐車場台数 約700台(同敷地内に別途追加可能な敷地あり)
店舗数 約130店

位置図

関連情報

オフィシャルサイト

スペシャルコンテンツ

三井不動産が手がけるショッピングセンター事業をご紹介

三井不動産の海外事業をご紹介

ページの先頭へ