ニュースリリース
2011

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • グローバル
  • オフィスビル

〜英国ロンドンにおけるオフィスビル開発事業〜
「(仮称)マークレーン開発計画」用地取得

平成23年12月20日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社(本社:東京都中央区日本橋室町2-1-1)は、この度、英国子会社「Mitsui Fudosan UK(英国三井不動産、代表者:山田秀人)」を通じて、ロンドンにおけるオフィスビル「(仮称)マークレーン開発計画」の開発用地を取得しましたので、お知らせ致します。

 本物件は、シティの中でも「ロイズ保険組合」等の保険関連機関が集中するエリアの中心に位置し、「フェンチャーチ・ストリート」駅に隣接する交通至便な立地です。また、上層階に設置予定のテラスからテムズ川やロンドン・ブリッジなどのビューが望むことができる立地環境でもあります。

 三井不動産グループは、ロンドンで保有するオフィスビル「20オールドベイリー」の賃貸事業を  推進する他、現地有数のデベロッパーであるスタンホープ社と資本提携し、「5ハノーバースクエア」(2012年春竣工予定)、2011年11月に取得した「(仮称)ムーアゲート開発計画」(2013年末竣工予定)のオフィスビル開発事業を推進しています。なお、本物件は、ロンドンにおける3件目のオフィスビル開発となります。

 当社グループは事業のグローバル化を推進しており、今後も積極的に海外事業を展開してまいります。欧米エリアにおいては、オフィスビル事業を中心に行っており、今後さらなる事業の拡大を目指すとともに、ポートフォリオの適切な入替えを実施いたします。中国をはじめとする東アジアにおいては、商業施設や分譲住宅、複合開発などを展開してまいります。

【計画概要(予定)】

名称 マークレーン開発計画
所在 70 Mark Lane, City of London
敷地面積 17,907sf(約503坪)
主要用途 事務所、店舗
貸床面積 176,471sf(約4,958坪)
建物規模 地上16階 地下1階
スケジュール 2012年7月
2013年1月
2014年秋
既存建物解体着工
本体着工
竣工(予定)

以上

【物件位置図】


の部分が計画地です

【完成予想パース】

関連情報

三井不動産が運営・管理するオフィスビルをご紹介

三井不動産の海外事業をご紹介

ページの先頭へ