ニュースリリース
2012

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • オフィスビル

「横浜三井ビルディング」竣工のお知らせ

平成24年2月7日
三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社は、神奈川県横浜市西区高島一丁目(みなとみらい21地区・67街区)において「横浜三井ビルディング」の開発を推進してまいりましたが、本年2月末に建物が竣工いたしますので、お知らせいたします。

 本物件は、「横浜から世界へ」をコンセプトに開発したオフィス、店舗、文化交流施設等からなる、地上30階・地下2階建ての複合ビルです。5階から30階までが賃貸オフィス、1階は店舗、2階は文化交流施設として「原鉄道模型博物館」が本年夏にオープンする予定です。

 オフィスについては、株式会社日立製作所が横浜地区のグループ会社を集約して入居する他、富士通ネットワークソリューションズ株式会社の本社事務所などが入居いたします。15階には新産業創生施設として、デフタ・パートナーズによる「横浜グローバル・ステーション(仮称)」、横浜国立大学による「未来情報通信医療社会基盤センター(MICT)」が開設予定です。本物件が横浜市における新産業の創造・発信の場となることを目指しています。

 店舗については、来街者やオフィスワーカーが楽しめるカフェ・和食等の飲食店舗やコンビニエンスストア、横浜市のインフォメーションセンター等多彩な施設が入居します。

 安心・安全に対する取り組みとしては、鋼板壁や制振装置の採用に加え、地震発生後速やかに建物の安全性を確認できる「被災度判定システム」を導入しています。また、72時間対応の非常用発電機の採用や、来館者対応も考慮した備蓄品等の設置など、災害時におけるライフライン確保や事業継続をハード・ソフトの両面で支援します。

 環境対策においては、建築物の環境品質・性能を総合的に評価するシステム「CASBEE横浜」にて最高位のSランクを取得しています。また、経済産業省が選定した次世代エネルギー・社会システム実証事業「横浜スマートシティプロジェクト」に参画し、国内で初めてオフィスビルにおける電力需給の調整「デマンドレスポンス」に関する実証事業を本年秋から2014年度まで実施する予定です。


横浜三井ビルディング 外観


1F オープンモール

【本物件の主な特徴】

  • 建物外観は、横浜・みなとみらい地区の玄関口ともいえる立地を考慮し、風を受け未来へ向かう「帆船」をイメージしたデザイン。
  • 3階には、総合受付・セキュリティゲートを備えたオフィスのメインロビーを設置。
  • 基準貸室は、約560坪の整形無柱の空間。共用廊下はゆとりをもった2,000mm、女性用トイレは各階東西2ヶ所に設置。建物全体をバリアフリー設計。
  • 帷子川(かたびらがわ)側に張り出した低層部分の2階には、「原鉄道模型博物館」が本年夏にオープン予定。世界的に著名な鉄道模型製作・収集家である原信太郎(はら のぶたろう)氏の協力を得て、鉄のレールや車輪など本物と同じ素材を使用したこだわりの鉄道模型を展示。

横浜三井ビルディング
外観

低層部 外観(イメージパース)

オフィスフロア

3F オフィス メインロビー

2F 原鉄道模型博物館
いちばんテツモパーク ジオラマ
(イメージパース)
 

建物構造については、鋼板壁や制振装置を採用。また地震発生後速やかに建物の安全性を確認できる「被災度判定システム」を導入。


建物 断面図(構造イメージ)


被災度判定システム 画面表示例
※東日本大震災時(全20物件で導入)において有効に機能した。

72時間対応の非常用発電機等のハード面に加え、店舗・原鉄道模型博物館への来館者対応も考慮した備蓄品等、ソフトの面でもライフライン確保や事業継続の支援を実現。


非常用発電機

燃料タンク(一部)

パソコン、電話、プリンター等を
一定の範囲で使用可能な
電力10VA/m2を確保

断水時にも貯水槽より雑用水の
供給が可能、全ての箇所の
トイレが使用可能

在館者、来館者の3日間(想定)の
飲料水、食糧、備品を確保

環境への取り組みについては、高性能Low-eガラス、太陽光パネル、電気自動車用急速充電器等の採用により、建築物の環境品質・性能評価システム「CASBEE横浜」において最高ランク「Sランク」の認証を取得済。

「横浜スマートシティプロジェクト」に参画し、ビルのエネルギー管理システム(BEMS)と地域のエネルギーマネジメントシステム(CEMS)を接続し、国内で初めてオフィスビルにおける電力需給の調整「デマンドレスポンス」に関する実証事業を本年秋から2014年度まで実施予定。

横浜スマートシティプロジェクト(概念図)

横浜スマートシティプロジェクト (デモ画面 上:CEMS、下:BEMS)

 当社は「横浜三井ビルディング」の運営・管理を通じて、今後も本エリアに豊かさと潤いをもたらす空間の提供と地域の発展に貢献してまいりたいと考えています。

 『 &EARTH 』(アンド・アース)は、三井不動産グループのロゴである「&(アンド)マーク」に象徴される「共生・共存」という理念のもと、当社グループの活動が常に地球と共にあることを表現しています。当社グループは、グループ一体となって、豊かで幸福な未来へと繋がる新しい街を、お客様とともに創りだしてまいります。

 「&(アンド)マーク」の理念とは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念を「あれかこれか」という「or」の形ではなく、「あれもこれも」という形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出していくもので、平成3年4月に制定されました。

【物件概要】

所在地 神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号(住居表示)
交通 JR横浜駅徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅2分
事業主 三井不動産株式会社
構造 S造、地下RC・SRC造
階数 地上30階、地下2階、塔屋3階 高さ152.20m
用途 賃貸事務所(5〜30階)、店舗(1階)、文化交流施設(2階)、駐車場(地下1階)
敷地面積 7,798.99m2
延床面積 90,355.69m2
設計 株式会社日建設計
施工 大成建設株式会社

【商業店舗詳細】

 
店舗名 会社名 店舗の特徴
海鮮茶屋せんざん本店
&
(株)せんざん 地元、佐島漁港・金沢漁港などで水揚げされる魚介類を中心に 新鮮素材を活かした漁師料理・寿司を提供致します。
店の暖簾をくぐると正面に大きな水槽があります。
泳ぎイカや魚介類が目に飛び込み、着物を着たスタッフにより案内する店内は落ち着いた和の雰囲気です。
カフェ&ダイニング マリブ
&
(株)せんざん ランチメニューは、健康をテーマに調理した「プレートランチ」と、「粗引きビーフ100%のハンバーガー」を中心に提供致します。
午後はオリジナルスイーツでゆっくりお過ごし頂けます。
ディナーは、地元新鮮素材をふんだんに使用し、イタリアで修業したシェフが腕を振るっておもてなし致します。
※横浜市初出店
カフェ&バー プロント
&
横浜新都市サービス(株) イタリアンバールをコンセプトに昼はカフェ、夜はバーとして幅広く楽しめるPRONTO。
朝は出勤前に香り豊かなコーヒーとパンでモーニング。昼はパスタでランチ。午後はスイーツでティータイム。夜はリーズナブルで豊富なアルコールメニューとおつまみでバーとしてご利用いただけます。
1日中美味しい食事とくつろぎの空間を提供いたします。
ファミリーマート
&
(株)ファミリーマート ただ便利なだけなお店ではなく、ホッとしたり、楽しくなったり・・・
気軽にこころの豊かさを感じてもらえるお店、家族のように親しみあふれるお店、お客様の気持ちにいちばん近い、なくてはならない「コンビに」なるよう、お客さま一人ひとりを大切にお迎え致します。
横浜市インフォメーションセンター(仮称)
&
横浜市 タブレット端末やデジタルサイネージ等を使い、観光情報や魅力的な横浜の様子を発信します。また、自転車の共同利用サ−ビス「ベイバイク」の登録カウンターも併設します。

※上記テナント以外にも鉄道模型ショップなどが入居予定で、全区画内定済み。

【位置図】

▲クリックすると拡大します

以上

関連情報

オフィシャルサイト

三井不動産が運営・管理するオフィスビルをご紹介

ページの先頭へ