ニュースリリース
2012

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

遊び、くつろぎ、驚きや感動が体感できる“東京の新名所”
「ダイバーシティ東京 プラザ」154店舗決定
平成24年4月19日(木)グランドオープン

平成24年2月8日 三井不動産株式会社、ららぽーとマネジメント株式会社

 三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)と、ららぽーとマネジメント株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 安藤正)は、本年4月19日(木)に東京臨海副都心地区にてグランドオープンする複合施設「ダイバーシティ東京(DiverCity Tokyo)」のうち、商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ(DiverCity Tokyo Plaza)」の154店舗を決定しましたので、お知らせいたします。

 「ダイバーシティ東京 プラザ」は、日本でも有数の観光地である東京臨海副都心地区という立地を活かし、「劇場型都市空間」というコンセプトのもと、国内外のお客さまにショッピングのほかにも、遊び、くつろぎ、そして驚きや感動を体感いただけるような“東京の新名所”を目指します。インポートブランドをはじめ、国内外のカジュアルブランドや個性的・独創的なブランドなど、高感度なファッションブランドが揃うほか、様々な体験が出来る大型エンターテインメント施設や、東京の名店が集まるフードコート、五感で楽しめるレストランフロアなど、多様性と話題性に富んだ商業施設として誕生します。

<「ダイバーシティ東京 プラザ」の主な特徴>

  • 臨海副都心地区最大級の店舗面積約45,300m2に、日本初出店4店舗、新業態29店舗を含む154店舗が出店
  • インポートブランドから、国内外のカジュアルブランド、大型SPA(製造小売)まで、幅広い高感度なファッションブランドが揃う
  • 世界初を含む、大型エンターテインメント施設3施設が出店
  • エリア最大級のフードコート「東京グルメスタジアム」(約700席)に東京の名店を中心とした13店舗が集結
  • 「五感で楽しむ劇場型レストランフロア」をはじめ、バラエティに富んだ飲食店の数々
  • 新たなショップやクリエイターを発掘する『東京トレンドプロデュース』の最終審査を通過した4店舗が「東京トレンドプロデュースゾーン」に出店
  • 国内だけでなく、東アジアを中心とした外国人観光客にも対応したサービス・設備
  • 世界初*の太陽光発電によるデジタルサイネージや、敷地面積の約40%を緑化、電気自動車充電器を設置するなど環境に配慮した施設 (*メーカー調べによる)

©創通・サンライズ

複合施設「ダイバーシティ東京」全体イメージ

商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」
1Fエントランス イメージ
(りんかい線「東京テレポート」駅側)
  • 臨海副都心地区最大級の店舗面積約45,300m2に、日本初出店4店舗、新業態29店舗を含む154店舗が出店
    • ガンダムの世界が楽しめる、世界初の常設型エンターテインメント施設「ガンダムフロント東京」が出店。
    • 全米で展開するカジュアル・ファッションブランド「Old Navy」が北米以外で初出店(グランドオープンは夏以降を予定)。
    • ハワイで人気のスペシャリティコーヒーショップ「ホノルルコーヒー」が日本初上陸。
    • 新業態では、バロックジャパンリミテッドの新ブランド「アヴァンリリィ」の1号店、クロスカンパニーの展開する新業態「セブンデイズサンデイ」の1号店、「エスペランサ」とカフェとの複合業態「エスペランサ スイーツマート」など、29店舗が出店。
    ※店舗一覧は、店舗一覧(PDF:220KB)をご参照ください。
  • インポートブランドから、国内外のカジュアルブランド、大型SPA(製造小売)まで、幅広い高感度なファッションブランドが揃う
    • アメリカのカジュアル・ファッションブランド「American Eagle Outfitters・aerie」の国内ショッピングモール1号店が出店。
    • 大型SPA(製造小売)ブランドである「ユニクロ」「H&M」「FOREVER21」「ZARA」「Bershka」が一堂に集結。
    • 国内最大規模の「ARMANI JEANS」、「BURBERRY BLUE LABEL」と「BURBERRY BLACKLABEL」の複合ショップ、「コーチ」メンズなど、多数のインポートアクセシブル・ラグジュアリー・ブランドが出店。
    • 「DIESEL」「SEE BY CHLOÉ」「MARC BY MARC JACOBS」などの高感度インポートアパレル、「CECIL McBEE」「RODEO CROWNS WIDE BOWL」などの都心型高感度ショップが多数出店。
  • 世界初を含む、大型エンターテインメント施設3施設が出店
    • 先述の「ガンダムフロント東京」が世界初出店。
    • ボウリング、カラオケ、アミューズメントのほか、さまざまなスポーツが楽しめる「スポッチャ」を併設した、都内最大級の「ラウンドワン」が出店。
    • 音楽をはじめ多様なエンターテインメントの発信拠点である「Zepp DiverCity (TOKYO)」が出店。
  • エリア最大級のフードコート「東京グルメスタジアム」(約700席)に東京の名店を中心とした13店舗が集結
    • ラーメン店「六厘舎」の新業態「久臨」、洋食の「三代目 たいめいけん」など、東京の名店が集結。
    • 半年ごとに旬な店舗が入れ替わり、常にトレンドを発信するイベントブースを設置。
    • 壁面には触って遊べる「アミューズメントウォール」が登場。

    「東京グルメスタジアム」イメージ
  • 「五感で楽しむ劇場型レストランフロア」をはじめ、バラエティに富んだ飲食店の数々
    • 「五感で楽しむ劇場型レストランフロア」をコンセプトとした6階レストランフロアには、眼下に実物大ガンダム立像を臨む、宇宙空間をモチーフとした大型ブッフェ「APPOLO」、秋葉原を中心に多店舗展開する話題のメイドカフェ「めいどりーみん」など、16店舗が揃う。
    • レストランフロア以外にも、秋葉原で行列が出来る人気店「GUNDAM Café」、新大久保で人気の韓流グッズショップ&カフェ「KOREA 芸能人ひろば ODAIBA」など、バラエティ豊かな飲食店がラインナップ。
  • 新たなショップやクリエイターを発掘するインキュベーション(新規出店支援)企画『東京トレンドプロデュース』の最終審査を通過した4店舗が「東京トレンドプロデュースゾーン」に出店
    • その場で花びらにオリジナルメッセージをプリントできるプリザーブドフラワーショップ「Patisserie+Flower」。
    • 東京を中心に活動するアーティスト・新進クリエイターの作品やキャラクター雑貨を取り扱うセレクトショップ「(仮称)iine tokyo」。
    • 「自分らしく」「心豊かに」「そしてHAPPYに」をコンセプトに、ファッション誌の読者モデルがイメージモデルを務め、オリジナルアクセサリーや世界中から取り寄せたファッション雑貨を販売する「ROYAL CLOSET by MESMO」。
    • 職人の伝統の技を新たなデザインで表現した革製品ショップ「b3Labo」。
    ※『東京トレンドプロデュース』は、本施設のイベントプロデューサーであるフジテレビジョンとタイアップし、新規展開を目指すショップやクリエイターのインキュベーション(新規出店支援)企画です。詳細はこちらをご参照ください。
    http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2011/0601_03/index.html
  • 国内だけではなく、東アジアを中心とした外国人観光客にも対応したサービス・設備
    • 銀聯(ぎんれん)カード対応(一部店舗を除く)。
    • 中国語対応ができる外国人従業員を積極的に採用。
    • 大型観光バスの一時停車場および観光バスドライバー用控室を完備。
    • 多国語対応のインフォメーションおよび施設サイン計画。
  • 世界初*の太陽光発電によるデジタルサイネージや、敷地面積の約40%を緑化、電気自動車充電器を設置するなど環境に配慮した施設 (*メーカー調べによる)
    • 世界初*の太陽光発電によるデジタルサイネージを、敷地中央のシンボリックな大屋根と大階段で構成されるフェスティバル広場に設置。
    • 外構・屋上・壁面を合わせ、敷地面積の約40%を緑化。
    • 電気自動車(EV)用充電器を設置。
    • 屋上には、お客さまに参加いただける菜園を設置し、環境共生活動に取り組む。
    • フェスティバル広場に設置される実物大ガンダム立像は、東京都の推進する第29 回全国都市緑化フェアTOKYO(本年9 月29 日〜10 月28 日開催)のPRに協力し、緑化メッセージの発信に貢献。

    ©創通・サンライズ
    商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」南外観イメージ


複合施設「ダイバーシティ東京」イメージ


商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」
1Fエントランス イメージ


「ダイバーシティ東京 プラザ」3Fエントランス イメージ
(ゆりかもめ「台場」駅側)


「ダイバーシティ東京 プラザ」ロゴ

 『 &EARTH 』(アンド・アース)は、三井不動産グループのロゴである「&(アンド)マーク」に象徴される「共生・共存」という理念のもと、当社グループの活動が常に地球と共にあることを表現しています。当社グループは、グループ一体となって、豊かで幸福な未来へと繋がる新しい街を、お客様とともに創りだしてまいります。

 「&(アンド)マーク」の理念とは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念を「あれかこれか」という「or」の形ではなく、「あれもこれも」という形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出していくもので、平成3年4月に制定されました。

以上

【「ダイバーシティ東京 プラザ」店舗一覧】

「ダイバーシティ東京 プラザ」店舗一覧(PDF:220KB)

【「ダイバーシティ東京 プラザ」フロアマップ】

【「ダイバーシティ東京」概要】

所在地 商業施設部分:東京都江東区青海1丁目1番10号
オフィス部分:東京都江東区青海1丁目1番20号
事業者 青海Q区画特定目的会社
交通 東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「台場」駅から徒歩5分
東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩3分
首都高速11号台場線「台場」ICから約1km
敷地面積 約32,900m2(約9,950坪)
店舗数 商業施設部分:154店舗
構造規模 商業施設・駐車場部分:SRC造 地下1階地上9階建
オフィス部分: S造(一部RC造)地下1階地上21階建
延床面積 商業施設・駐車場部分:約140,200m2(約42,410坪)
オフィス部分:約 64,880m2(約19,630坪)
貸付面積 商業施設部分:約45,300m2(約13,700坪)
オフィス部分:約43,300m2(約13,100坪)
駐車台数 約1,400台
開業予定日 平成24年4月19日(木)
営業時間 物販:10:00〜21:00 飲食:11:00〜23:00  ※一部除く
デザイン監修 Buchan Group International Pty Ltd
設計・施工 商業施設・駐車場部分:三井住友建設株式会社
オフィス部分:鹿島建設株式会社
商業施設運営管理 ららぽーとマネジメント株式会社
ウェブサイト http://www.divercity-tokyo.com

【位置図】

広域図

詳細図

関連情報

オフィシャルサイト

プロジェクト紹介

三井不動産が手がけるショッピングセンター事業をご紹介

ページの先頭へ