2015年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • オフィスビル

「広島トランヴェールビルディング」地下広場リニューアルのお知らせ

2015年3月13日
広島電鉄株式会社
三井不動産株式会社

広島電鉄株式会社(所在:広島県広島市 代表取締役社長 椋田昌夫)と三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、三井住友トラスト総合サービス株式会社、株式会社もみじ銀行と所有している「広島トランヴェールビルディング」において、地下広場を「広島の新しい待ち合わせ場所」として多くの方々に利用していただけるようリニューアルし、明日3月14日オープンすることといたしましたのでお知らせいたします。

広島トランヴェールビルディングは広島電鉄、アストラムライン、広島バスセンターが利用可能と交通利便性が高く、また紙屋町交差点という広島市中心部に位置し、平成24年2月に竣工した事務所・銀行・商業店舗で構成される広島市のランドマークビルです。銀行・商業店舗区画には三井住友信託銀行、もみじ銀行のほか、アウトドア総合ブランド「モンベル」の旗艦店や、「HIS」、「ゼクシィなび・suumoカウンター」「広島電鉄紙屋町定期券窓口」「ナナズグリーンティ」「紙屋町キッチン千」「保険の窓口」が出店しております。

今回の地下広場のリニューアルにあたっては、紙屋町交差点という立地特性を生かし、広島市における新しい待ち合わせの場所として、広島市民および広島市来訪者の方に気軽に利用していただくことをコンセプトに行いました。

具体的な内容は以下のとおりです。

  • 広場の中心部にはTV受信が可能な70インチの大型モニターを組みこんだ時計台を置き、映像化された様々な情報を来訪者に提供します。
  • エントランスには人の動きに反応、映像が動くセンサー反応型プロジェクターを設置し、来訪者に面白さと驚きを提供します。
  • 椅子・テーブルを設け、広場内で落ち着いてくつろげるスペースを設けます。

今後は、この広場が多くの広島市民の方に愛され、利用していただく願いを込めて広く地下広場のネーミングを募集する他、ご利用者に対し年間を通じ新しい発見があるよう様々なイベントを開催する予定です。

以上

【広島トランヴェールビルディング位置図(広域)】

【広島トランヴェールビルディング位置図(狭域)】

【「広島トランヴェールビルディング」概要】

所在地 広島県広島市中区紙屋町一丁目2番22号
最寄駅 広島電鉄「紙屋町東」電停徒歩1分
  アストラムライン「県庁前」駅徒歩2分(地下街シャレオ直結)
敷地面積 2,804.84m2(848.46坪)
階数 地上14階地下2階棟屋2階建(最高高さ:約61m)
延床面積 約29,000m2   うちオフィス  約18,000m2
  うち商業      約2,300m2(B1、1~3階)
  うち銀行      約1,800m2(1~3階)
事業主 広島電鉄株式会社
三井住友トラスト総合サービス株式会社
株式会社もみじ銀行
三井不動産株式会社

【センサー反応型プロジェクター概要】

上部に設置されたプロジェクターおよびモーションセンサーにより、床面に投影された画像が人の動きを感知するとそれに応じて画像が変化する仕組み。
投影場所はトランベールビルディング地下エントランスで、画像は季節を感じさせるものとし、四季毎にヴァージョン変更をする予定。
(投影場所)

【映像演出概要】


▲クリックすると拡大します

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。