三井不動産
都市に豊かさと潤いを
HOME
ニュースリリース コーポレート・メッセージ 会社情報
株主・投資家情報 採用情報
ニュースリリース

平成16年1月15日 三井不動産株式会社

湾岸エリアにおけるマンション事業の販売活動拠点
日本最大級約1,500坪の総合情報発信センター
「WANGAN LIFE MUSEUM」を開設
第一弾プロジェクト「パークタワー品川ベイワード」
1月24日(土)モデルルームオープン

 三井不動産株式会社は、湾岸エリアを中心に今後供給していくプロジェクトの販売活動拠点として、東京都江東区有明3丁目に、日本最大級のマンション総合情報発信センター「WANGAN LIFE MUSEUM」を開設いたします。第一弾プロジェクトとして、同センター内に「パークタワー品川ベイワード」のモデルルームを1月24日(土)よりオープンいたします。

 湾岸エリアは、JR山手線の品川駅から田町駅周辺の海岸部にあたり、再開発が進む汐留地区や品川地区をはじめ、霞ヶ関・銀座・青山・六本木・お台場など、東京のビジネス・ファッション・レジャーの主要スポットを5km圏内に控えています。都心居住志向が高まるなか、大規模・超高層を中心とした物件が数多く供給され、住宅地として今最も注目されるエリアであり、当社も、上記「パークタワー品川ベイワード」を皮切りに、今後約2,700戸の新規分譲マンションの供給を予定しております。

 当社は、今後数年間で7,000戸を超える供給が予定されているとも言われる当該エリアにおいて各プロジェクトを展開するにあたっては、湾岸エリア全体の活性化やエリアポテンシャルの向上につなげるべく、常に街づくりの視点を持ちながら他にはない魅力ある商品づくりを行うとともに、広くお客様に湾岸エリアでの都心居住におけるライフスタイルを提案し、住宅地としてのイメージアップを図ることが重要であると認識しております。これらを実現するためにも、通常の販売センターではなく、総合的な情報を継続的に発信する、戦略的な販売活動拠点を設ける必要性を強く感じ、今般「WANGAN LIFE MUSEUM」を開設することといたしました。

 「WANGAN LIFE MUSEUM」では、都心エリアを広範囲にカバーした約165m2の巨大なジオラマルームを設置して、湾岸エリア全体の立地特性を含めてプロジェクトの概要を紹介いたします。また、実物大の構造断面模型などを展示した「MMA(三井マンションアカデミー)」コーナーを設け、当社マンションの設備・仕様のスタンダードをより深くお客様に理解してもらう工夫をするなど、単に個別プロジェクトの販売にとどまらず、当社が供給するマンションについての総合的な情報を継続的に発信して参ります。

 さらに、当センターでは、ドイツのキッチンメーカーであるジーマティック社製のキッチンセットコーナーや株式会社大塚家具と提携した家具展示コーナーなど、マンションライフに必要な情報を随時提供するとともに、人気放送作家の小山薫堂氏などを湾岸ナレッジナビゲーターとして起用した湾岸生活提案誌「WANGAN OBJECTS」の発刊をはじめ各種イベントを実施する予定です。

 第一弾プロジェクトとして誕生する「パークタワー品川ベイワード」は、JR品川駅徒歩12分、高浜運河沿いの親水性豊かな環境に誕生する総戸数325戸・地上32階建ての超高層タワーマンションです。外観デザインについては、ベイエリアに美しく立つランドマークを目指し、建築家・光井純氏を起用し、住戸部分については、専有面積49.01m2(1LDK)〜106.94m2(3LDK)までの豊富なプランバリエーションと5人のデザイナーによる5種類のカラーテイストを用意するなど、都心における様々なニーズに対応した商品企画になっています。

 昨年秋より会員組織「WANGAN LIFE CLUB」を立ち上げ、会員の皆様にはすでにプロジェクトの情報提供などのアプローチを行っておりますが、現在、会員登録は3,000組におよび、大変高い関心をいただいております。

 なお、「WANGAN LIFE MUSEUM」全体のグランドオープンは2月14日(土)を予定しており、本センターを販売活動拠点として、今後展開する各プロジェクトの販売活動に積極的に取り組んで参ります。

以上

<添付資料1>
【「WANGAN LIFE MUSEUM」施設概要】
所在地 東京都江東区有明3丁目1−7
交通 りんかい線「国際展示場」駅徒歩5分、
ゆりかもめ「国際展示場正門」駅徒歩4分
構造規模 鉄骨造3階建 延床面積約5,150m2(約1,557坪)
主な施設 (1) 都心エリアを広範囲にカバーした縦10m・横8mの巨大ジオラマと3面マルチ スクリーン映像設備を設置したジオラマルーム
(2) 5人のデザイナーによる5種類のカラーテイストのモデルルーム
(3) 『第2回住空間デザインコンペ』(主催:三井不動産・新建築社 協賛17社)最優秀賞受賞作品をモデルルームとして設置予定(本年春公開予定)。
(4) MMA(三井マンションアカデミー)コーナーわかりづらいマンションの構造、セキュリティ、最新設備機器を実際に体感していただく為に、実物大カットモデルなどを設置。
(5) オーナーズスタイリングコーナー
5種類のカラーテイストをはじめ、多数の無償セレクト・有償オプションなどお客様のお好みに合わせた空間構成を実現するオーナーズスタイリングのご相談コーナー。
(6) ドイツのキッチンメーカー「ジーマティック社」のキッチンプレゼンテーションコーナー
(7) 株式会社大塚家具とのタイアップによる家具展示コーナー
(8) 不動産に関する相談会、ライフスタイル提案のためのセミナーや著名人によるトークショーなど、各種イベントを実施するイベントスペース
<添付資料2>
【「WANGAN LIFE MUSEUM」位置図】

▲クリックすると拡大いたします。

<添付資料3>
【「WANGAN LIFE MUSEUM」レイアウト図(2階・3階)】

<2階>

▲クリックすると拡大いたします。

<3階>

▲クリックすると拡大いたします。

<添付資料4>
【「WANGAN LIFE MUSEUM」写真】

<外観>

<ジオラマ>

<MMA(三井マンションアカデミー)コーナー>

<添付資料5>
【「パークタワー品川ベイワード」物件資料】

 「パークタワー品川ベイワード」は、湾岸エリアにおける第一弾プロジェクトであり、総戸数325戸・32階建てのタワーマンションです。

 当プロジェクトは、今住宅地として最も注目を集める湾岸エリアにおいて、昨年10月の新幹線開通で賑わうJR品川駅より徒歩12分の高浜運河沿いに位置し、都内の主要スポットへの優れたアクセスを可能にする交通利便性と、都心にありながらも西に運河、東に海を臨む親水性豊かな環境を併せ持った立地に誕生いたします。

 共用部分については、世界的なネットワークを誇り、ホテル・オフィスビル・集合住宅などの設計において評価の高い建築家・光井純氏をデザイン監修に起用し、外観は大海原を行く帆船をイメージし、レインボーブリッジやお台場を見下ろす、ベイエリアに美しく立つランドマークを目指しました。

 また、運河との一体感を意識し、運河に面した建物の外周部には大型の水盤を配し、エントランスホール中央にも円型水盤を設けて、水辺との連続性を創出しています。さらに、桜を中心とした並木やオオケヤキのシンボルツリーのある展望スペース、眺望を満喫できる21階のパーティールームなど水辺の暮らしを豊かに演出する空間を随所に設けました。

 専有部分については、専有面積49.01m2(1LDK)〜106.94m2(3LDK)までの豊富なプランバリエーションを用意し、5人のデザイナーによる5種類のカラーテイストを設けるなど、少人数の家族からファミリーまで様々なニーズに対応した商品企画としました。また、世界で初めてシステムキッチンを発表したドイツのジーマティック社製のキッチンを標準装備する他、24時間有人管理やダブルオートロックシステムなど都心の永住にふさわしい造りとなっています。

<物件概要>

所在地 東京都港区港南3丁目9番1(地番)
交通 JR山手線「品川」駅徒歩12分
事業主 三井不動産株式会社・株式会社室町クリエイト
構造規模 鉄筋コンクリート造地上32階地下2階建
総戸数 325戸
敷地面積 4,181.03m2(1,264.76坪)
建築面積 1,608.00m2(486.42坪)
延床面積 43,701.53m2(13,219.71坪)
専有面積 49.01m2〜106.94m2
販売価格 予定価格 2,700万円台〜7,700万円台(100万円単位)
予定最多価格帯 5,300万円台
事業
スケジュール
平成15年6月 着工
平成16年1月 モデルルームオープン
平成18年1月 竣工(予定)

<「パークタワー品川ベイワード」物件位置図>

▲クリックすると拡大いたします。

<「パークタワー品川ベイワード」外観パース>

<モデルルーム間取り図・写真>
光井テイスト モデルルーム(100Aタイプメニュープラン・専有面積95.06m2

▲クリックすると拡大いたします。

<モデルルーム間取り図・写真>
坂倉テイスト モデルルーム(70Fタイプメニュープラン・専有面積72.30m2

▲クリックすると拡大いたします。

<デザイナーについて>

光井 純(光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所代表)

世界的なネットワークと米国・日本のノウハウを最大限に活かした建築設計で多くのコンペティションホテルやオフィスビル・都市開発などを手掛ける。

実績:「ザ・パークタワー東京サウス」、「青山パークタワー」など(ともにグッドデザイン賞)。

北村 紀史(株式会社坂倉建築研究所執行役員)

国際会議場や大学からリゾート施設まで幅広い分野のデザインを手掛ける。

実績: 「小田急サザンタワー」(BCS建築業協会賞)、「かずさアカデミアホール」 (千葉県建築文化賞、SDA賞)など。

藤原 益男(株式会社ウイ・アンド・エフ代表)

建築・環境デザイナーとして多彩な空間開発を手掛ける。

実績:「パークコート市谷加賀町二丁目」(グッドデザイン賞)、「神戸ハーバーランド『モザイク』」(日本SDA賞優秀賞)など。

久保田 章敬(久保田章敬建築研究所代表)

日本とイタリアの様式美を昇華させた独自の感性で幅広く活躍。

実績:「青山パークタワー」、「中崎邸」(千葉県建築文化奨励賞)など。

内田 淳(株式会社フィールドフォー・デザインオフィスデザインディレクター)

ホテルのインテリアデザインの監修など幅広く活躍。

実績:「クレイトンベイホテル」(JCDデザイン賞)、「ホテルオーシャン45」(ナショップライティングコンテスト最優秀賞)など。

このページのトップへ戻る

Copyright 2008 Mitsui Fudosan Co.,Ltd. All Rights Reserved.