レッツプラザ アライアンスメンバー紹介レッツプラザ アライアンスメンバー紹介

三井不動産レジデンシャルリース株式会社三井不動産レジデンシャルリース株式会社

レッツプラザ2016年6月号/篠原 幸晴

情報力と企画力、そしてさらなるグループシナジーでオーナー様にご満足いただける賃貸経営をご提供していきます。情報力と企画力、そしてさらなるグループシナジーでオーナー様にご満足いただける賃貸経営をご提供していきます。

上質な住まいとサービスで、都心部で圧倒的なシェアを獲得

今年、設立30周年を迎える当社は、首都圏を中心に賃貸住宅の管理・運営を手がけてまいりました。不動産賃貸管理業の内容は多岐にわたりますが、当社が特化している事業は、いわゆる「サブリース」というビジネスモデルです。オーナー様のご所有物件を当社が一括して借り受けて、当社から入居者に転貸するこのシステムなら、オーナー様は面倒な管理業務に対応する必要がなく、空室が発生しても一定の賃料が保証されるほか、入居者による訴訟や未収などのリスクが回避できるというメリットがあります。

今年度中に当社の管理戸数は6万戸に達する見通しですが、都心部とくに山手線内の大規模・超高層マンションをはじめとする鉄筋コンクリート造の賃貸マンションというカテゴリーで圧倒的なシェアを獲得しています。

都市部管理物件

“勝ち続けるマンション”を実現する情報力と企画力

当社がこれだけの数字を上げられる理由は、各エリアの市場動向や実際の入居者の属性やニーズなどに関する膨大かつ詳細なデータを一つひとつ丹念に収集・分析して、企画提案に生かすことができるためです。この情報力と企画力によって、新築を計画されているお客様には、そのマーケットエリアの入居者ターゲットニーズにジャストフィットした“勝てるマンション”のご提案をめざしています。さらに、築数十年といった既存の賃貸物件でも、老朽化などによる建物の状態や、変化し続ける市場ニーズに合わせた建物のリノベーション提案など、市場競争力の維持・再生を通じた“勝ち続けるマンション”づくりのお手伝いにも対応いたします。

つまり当社とお客様とのお付き合いは、決して「建てて終わり」ではなく、長期にわたってお客様の賃貸経営と向き合いながら、レッツプラザの総合力を生かしたご提案で、より確かな資産経営を末永くサポートしていくことなのです。

ページの先頭へ