資産経営の基礎知識資産経営の基礎知識

定期借地権

定期借地権は目的・期間などで3タイプあります。

定期借地権には使用目的や設定期間の違いなどで「一般定期借地権」「事業用借地権」「建物譲渡特約付借地権」の3つのタイプがあります。

  一般定期借地権 事業用借地権 建物譲渡特約付借地権
設定期間 50年以上 10年以上50年未満 30年以上
概要 借地契約の更新がなく、土地は更地で返還される

契約期間満了時、借地人には建物の買取り請求権がない

契約期間中、建て直しても期間は延長されない
住宅以外の事業用建物を対象とする

借地契約の更新がなく、土地は更地で返還される

契約期間満了時、借地人には建物の買取り請求権がない

契約期間中、建て直しても期間は延長されない
契約期間満了時、貸主が建物を買取ることを条件とする

建物の買取と同時に借地権が消滅し、土地が返還される

契約期間満了時、借地人から土地は返還されるが、建物の利用は継続される

契約期間中、建て直しても期間は延長されない
活用用途 制限なし
(戸建住宅、マンション、オフィスビル等)
事業用に制限
(郊外の量販店、外食店舗、倉庫等) 
賃貸住宅は事業用にならないので不可
制限なし
(戸建住宅、マンション、オフィスビル等)

ページの先頭へ