資産経営の基礎知識資産経営の基礎知識

容積率

容積率とは「延べ面積の敷地面積に対する割合」のことです。

ここで、延べ面積は、各階の床面積の合計のことです。

容積率は、都市計画で用途地域ごとにその限度が50~1300%で定められていて、原則として、この限度を超える床面積の建物を建てることはできません。

なお、各敷地の容積率の最高限度は、用途地域ごとに定められている容積率と、その敷地が接する道路の幅員から求められる容積率のうち、いずれか小さい方となります。

具体的には、前面道路の幅員が12m以上の場合には、用途地域ごとに定められている容積率がそのままその敷地の容積率の最高限度となりますが、12m未満の場合には、前面道路幅員(m)に係数(原則、住居系の用途地域は0.4、その他の用途地域は0.6)を乗じた容積率と、用途地域ごとに定められている容積率を比較して、いずれか小さい方が適用されます。

それでは、例として、第一種中高層住居専用地域、前面道路幅員6m、容積率300%、敷地面積500m2の土地に建築可能な延べ面積を計算してみましょう。

前面道路の幅員が12m未満なので、前面道路の幅員による容積率を計算します。

前面道路の幅員による容積率:6m×0.4×100%=240%

これは用途地域ごとに定められている容積率300%より小さいため、この土地の容積率の限度は240%ということになります。

したがって、この土地に建てられる延べ面積は、最大でも500m2×240%=1,200m2となります。

ページの先頭へ