資産経営の基礎知識資産経営の基礎知識

公示価格

一般の人が土地取引や資産を評価する際に、土地の適正な価格を判断するには客観的な目安が必要です。地価公示は、その客観的な目安を与えるためにつくられた制度で、毎年1月1日現在の正常な地価を判定して、その結果が毎年3月下旬頃、国土交通省から発表されます。この発表される地価が公示価格で、相続税の評価を行う際や、企業会計における資産の時価評価などにも活用されています。

公示価格は、国土交通省のホームページで調べることができます。

土地総合情報ライブラリー 地価公示

一般の住宅地の場合、近隣の標準地の公示価格を調べることによって、その周辺の地域の地価相場を知ることができます。

ただし、土地の価格は、地域の相場だけではなく、その土地の形状、地形、道路づけなどによっても大きく変化するので、公示価格は、あくまでもひとつの目安として考える必要があるでしょう。

ページの先頭へ