資産経営の基礎知識資産経営の基礎知識

防火地域

市街地に火災が拡がるのを抑えるために、都市計画法に基づいて指定される地域です。建物の階数や延べ面積に応じて、建物の構造を規制しています。

防火地域の場合、階数が3以上または延べ面積100m2超の場合には、耐火建築物としなければなりません。また、それ以外の場合でも、防火地域に建物を建てる場合には、耐火または準耐火建築物にしなければなりません。

また、防火地域のほかに、準防火地域もあります。

準防火地域であれば、地階を除く階数が4以上または延べ面積1,500m2超の場合には、耐火建築物としなければなりませんが、地階を除く階数3で、延べ面積500m2以下であれば、一定の技術基準に適合する木造建築物を建てることも可能です。

なお、建物が防火地域と準防火地域の両方にまたがっている場合には、建物すべてについて防火地域の規制が適用されます。

ページの先頭へ