資産経営の基礎知識資産経営の基礎知識

取引事例比較法

不動産の取引事例に着目した不動産の価格を求める鑑定評価の手法です。

多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行い、必要に応じて事情補正および時点修正を行い、かつ地域要因の比較および個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量して、対象不動産の試算価格を求めます。

具体的には、「取引事例の価格×事情補正率×標準化補正率×地域要因格差補正率×個別要因格差補正率」によって求められます。

取引事例比較法は、市場において現実に発生した取引事例を価格判定の基礎としているので、多数の取引事例を収集することが必要です。

そして、豊富に収集された取引事例の中から比較の対象として相応しい適切な事例を選択することが重要となります。

ページの先頭へ