ケーススタディケーススタディ

【ケース1】築30年以上の賃貸マンション、駅近の立地ではあるが老朽化が気になるし、周辺には新築マンションも増え空室も目立ってきた。全面的なリフォームをしようにも、資金がなぁ… 将来の相続も気になる…【ケース1】築30年以上の賃貸マンション、駅近の立地ではあるが老朽化が気になるし、
周辺には新築マンションも増え空室も目立ってきた。
全面的なリフォームをしようにも、
資金がなぁ…
将来の相続も気になる…

賃貸マンションオーナー Aさん(62歳)

※このケーススタディは実際にあった事例をもとに設定や表現を編集したストーリーです。

ケースケース

立地は良いが周辺の競合が増え始め、老朽化による競争力の低下が想定されるが資金がない、というお悩みに加えて、将来の相続も踏まえてどうすべきかというケースです。

お客様の悩み
  • ● 競争力の低下
  • ● 資金に余裕がない
  • ● 相続のことも考えたい

レッツからのご提案レッツからのご提案

そのため、(1)リノベーションによる建物全体の改良工事、(2)等価交換方式による建替え、(3)売却による新たな賃貸資産の組み換えをご提案いたしました。

イメージイラスト:(1)リノベーション (2)建替え(等価交換方式) (3)売却、資産組み換え

お客様のご選択お客様のご選択

最終的には、資金を要しないという点と、相続の問題として、資産の流動性と分割対策ということで分譲マンションを所有したほうがメリットがあるとの判断で、分譲マンションへの等価交換事業をご選択されました。

↑

提案後の、Aさん(仮名・62歳)の感想提案後の、Aさん(仮名・62歳)の感想

私の場合は、所有物件の競争力低下と資金力不足、そして将来の相続の問題と、解決したい複数のポイントがありました。正直な話、ひとりでこの悩みを解決するのは荷が重かったのですが、レッツさんは数字的な裏付けのある複数の提案をしてくれ、わかりやすい解説もたいへん役立ちました。

今回選択した分譲マンションへの等価交換は、悩みのポイントをすべてうまく解消できる絶妙なアイディアでした。さすがプロの提案だなあ、と納得した次第です。

今こそ、確かな解決策を。三井のレッツがしっかりサポートいたします。今こそ、確かな解決策を。三井のレッツがしっかりサポートいたします。

相談無料 個別相談を承ります。

相談無料 個別相談を承ります。 お客様のご要望やお悩みをお聞かせください!レッツプラザのスタッフがお伺いいたします。どうぞお気軽にご相談ください。 お申し込みはこちら

続いて、「検討のタイミング」についてご案内いたします。

詳細はこちら

再生手法の選択肢
問題を解決するための選択肢と、メリット・デメリットは? 自分はどれを選べばいいのか?

詳細

レッツプラザの強み
考えられる全ての選択肢を比較検討し、お客様の立場でベストな解決策をご提案できるのには、理由があります。

詳細

ご所有資産別のサポート内容 Q&A
賃貸マンション、オフィスビル、分譲マンションなど、ご所有資産別のよくある質問をご紹介いたします。

詳細

関連するコラム
建替え・リノベーション(資産の再生)に関連するコラムをご紹介いたします。

詳細

お申し込みはこちら

ページの先頭へ