ケーススタディケーススタディ

【ケース2】親から相続した築30年の老朽化した賃貸マンション。自分は会社勤めをしていて賃貸経営には興味がないし、賃貸経営自体が煩わしい… 誰にどういう相談をしたらいいのか…【ケース2】親から相続した築30年の老朽化した賃貸マンション。
自分は会社勤めをしていて賃貸経営には興味がないし、
賃貸経営自体が煩わしい…
誰にどういう相談をしたらいいのか…

賃貸アパートオーナー Bさん(39歳)

※このケーススタディは実際にあった事例をもとに設定や表現を編集したストーリーです。

ケースケース

今回のご相談者は、相続で引き継いだ資産のため、賃貸経営の煩わしさにもっとも悩まれていたケースです。

お客様の悩み
  • ● 相続で引き継いだ老朽化マンション
  • ● 賃貸経営は煩わしい
  • ● どうするのが一番いいのかわからない

レッツからのご提案レッツからのご提案

今回のケースでは、(1)リノベーションによる建物全体の改良工事とサブリース、(2)資産の売却、をご提案いたしました。

イメージイラスト:(1)リノベーション+サブリース (2)資産の売却

お客様のご選択お客様のご選択

最終的には、賃貸経営の煩わしさが大きな悩みであったことから、ご売却を選択されたケースとなりました。

↑

提案後の、Bさん(仮名・39歳)の感想提案後の、Bさん(仮名・39歳)の感想

遺産相続で賃貸物件を引き継いだものの、私自身は会社員であり、賃貸経営に興味もなかったため、当初から売却を視野に入れてはいました。ただ、具体的にどう動いていいかはまったくわからず、知人にレッツの担当者を紹介してもらい、様々なアドバイスや情報を得ることができました。

結局、当初の予定通り、売却を選択したのですが、物件のサブリースと売却、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく説明してもらえたことで、充分に納得したうえで決断できました。自分だけでは気付けない、広い視野に立った提案にとても感謝しています。

今こそ、確かな解決策を。三井のレッツがしっかりサポートいたします。今こそ、確かな解決策を。三井のレッツがしっかりサポートいたします。

相談無料 個別相談を承ります。

相談無料 個別相談を承ります。 お客様のご要望やお悩みをお聞かせください!レッツプラザのスタッフがお伺いいたします。どうぞお気軽にご相談ください。 お申し込みはこちら

続いて、「検討のタイミング」についてご案内いたします。

詳細はこちら

再生手法の選択肢
問題を解決するための選択肢と、メリット・デメリットは? 自分はどれを選べばいいのか?

詳細

レッツプラザの強み
考えられる全ての選択肢を比較検討し、お客様の立場でベストな解決策をご提案できるのには、理由があります。

詳細

ご所有資産別のサポート内容 Q&A
賃貸マンション、オフィスビル、分譲マンションなど、ご所有資産別のよくある質問をご紹介いたします。

詳細

関連するコラム
建替え・リノベーション(資産の再生)に関連するコラムをご紹介いたします。

詳細

お申し込みはこちら

ページの先頭へ