ケーススタディケーススタディ

【ケース3】特定緊急輸送道路沿いに築40年近い賃貸ビルを所有している。空室もではじめていて、周辺では以前はオフィスビルだったものが賃貸マンションに建替えられているケースも。今後、耐震改修すべきか、それとも建替えるべきか悩んでいる。【ケース3】特定緊急輸送道路沿いに築40年近い賃貸ビルを所有している。
空室もではじめていて、周辺では以前はオフィスビルだったものが賃貸マンションに建替えられているケースも。
今後、耐震改修すべきか、それとも建替えるべきか悩んでいる。

賃貸アパートオーナー Cさん(53歳)

※このケーススタディは実際にあった事例をもとに設定や表現を編集したストーリーです。

ケースケース

最近ご相談内容としては多いのは、耐震の問題。さらに賃貸マーケットの変化により、オフィスニーズが減少し、マンションの供給が増えてきたエリアでの対応を検討しているケースです。Cさんも、まさにこのような問題に悩まれていらっしゃいました。

お客様の悩み
  • ● 建物の耐震性が不安
  • ● オフィスとして今後も借り手がつくのか不安

レッツからのご提案レッツからのご提案

そこで、(1)耐震改修を含めた大規模なリノベーション工事、(2)周辺ニーズの変化も鑑み、賃貸マンションへの建替え、をご提案いたしました。

イメージイラスト:(1)耐震改修・大規模リノベーション (2)建替え(ビルからマンション)

お客様のご選択お客様のご選択

今回のケースでは、賃貸マーケットにおけるニーズがオフィスから住宅へと変化していることが顕著であり、耐震改修を含めたリノベーションを実施し、オフィスとして事業を実施しても将来性が見込めないことと、また耐震改修後に賃貸面積の減少が想定されたため、事業性がもっとも高く見込める住宅への建替えを選択されました。

↑

提案後の、Cさん(仮名・53歳)の感想提案後の、Cさん(仮名・53歳)の感想

相談前には、自分なりにいろいろ調べ、それなりの知識を持っているつもりでいましたが、専門家の意見には感心することが多かったですね。将来の需要予測やマーケットの変化についてのリサーチなど、個人ではやはり限界がありますから。

詳細なデータに基づいたシミュレーションは、具体的で視覚的にも理解しやすく、結果的に手堅い選択ができたと思います。今後も、なにかと相談させてもらえたらと考えています。

今こそ、確かな解決策を。三井のレッツがしっかりサポートいたします。今こそ、確かな解決策を。三井のレッツがしっかりサポートいたします。

相談無料 個別相談を承ります。

相談無料 個別相談を承ります。 お客様のご要望やお悩みをお聞かせください!レッツプラザのスタッフがお伺いいたします。どうぞお気軽にご相談ください。 お申し込みはこちら

続いて、「検討のタイミング」についてご案内いたします。

詳細はこちら

再生手法の選択肢
問題を解決するための選択肢と、メリット・デメリットは? 自分はどれを選べばいいのか?

詳細

レッツプラザの強み
考えられる全ての選択肢を比較検討し、お客様の立場でベストな解決策をご提案できるのには、理由があります。

詳細

ご所有資産別のサポート内容 Q&A
賃貸マンション、オフィスビル、分譲マンションなど、ご所有資産別のよくある質問をご紹介いたします。

詳細

関連するコラム
建替え・リノベーション(資産の再生)に関連するコラムをご紹介いたします。

詳細

お申し込みはこちら

ページの先頭へ