ご所有資産別のサポート内容Q&Aご所有資産別のサポート内容Q&A

老朽化した建物全般へのサポート老朽化した建物全般へのサポート

Q1耐震性が心配・・・。このままでも大丈夫だろうかQ1 耐震性が心配・・・。このままでも大丈夫だろうか

Answer

新耐震基準策定(昭和56年)以前の建物や築30年を経過する建物は、まずは建物自身の安全性を把握するために、耐震診断をする必要があります。そのうえで、耐震性はもちろんのこと、建物や設備にも問題を抱えていることもありますので、現在の状況を客観的に把握することが大切です。そのためにはまず、耐震診断や外壁、配管、防水処理などの建物状況のチェックを実施し、総合的な視点で、課題や問題点を明確にすることが必要です。レッツプラザでは、各分野の専門家とともに建物の問題点を可視化し、補強工事の必要性やリノベーションや建替えといった資産再生へ向けた方針をご提案していきます。

イメージ

ご提案メニュー例

  • ○耐震診断や設備状況など、ご所有資産の健康状態をチェック・ご報告する老朽化資産診断コンサルティング など

ご所有資産別のサポート内容Q&Aトップへ

Q22回大規模修繕をした後は建て替えるべきか、修繕でよいのか…。Q2 2回大規模修繕をした後は建て替えるべきか、修繕でよいのか…。

Answer

将来、建物を維持していくか建替えるかは、いずれも検討から実施まで長い期間がかかります。そのため、いずれの選択をする場合でも、2回目の修繕をするタイミングから将来を見すえて計画を立てることが重要です。特に、3回目の修繕では、エレベーターや給排水設備の交換などの費用が増大する可能性が高くなるため、建替え、リノベーション、大規模修繕などあらゆる可能性を専門的に検討する必要があります。レッツプラザでは、様々な手法について効果やコストなどを比較検討。計画段階から実施後の管理までをワンストップでお手伝いいたします。

イメージ

ご提案メニュー例

  • ○建物の状態にあわせた大規模修繕プラン
  • ○資産価値を維持・向上させるためのリノベーション
  • ○管理組合様のサポートと、付加価値の高いプランをご提案するマンション建替え

ご所有資産別のサポート内容Q&Aトップへ

賃貸マンションのサポート賃貸マンションのサポート

Q3賃貸マンションの空室が増えてきた・・・。リフォームだけで良いのか・・・?Q3 賃貸マンションの空室が増えてきた・・・。リフォームだけで良いのか・・・?

Answer

賃貸マンションの場合、市場ニーズは速いスピードで変化し続けています。例えば3点式ユニットバスや、全居室和室などのプランは、市場競争力を失いつつある状況といえます。レッツプラザでは、建物の状態をチェックすると同時に、住戸プランや設備・仕様についても徹底検証。周辺マーケットや競合物件を分析しながら、長期安定的な賃貸運営を実現するリノベーションプランをご提案します。施工後の運営・管理についてもトータルでサポートいたします。

イメージ

ご提案メニュー例

  • ○高い市場競争力を生み出す資産価値向上リノベーション
  • ○プラン実行後の賃貸運営・管理サポート

ご所有資産別のサポート内容Q&Aトップへ

オフィスビルのサポートオフィスビルのサポート

Q4相続したテナントビルの空室が埋まらない・・・。築年数も古いし・・・。Q4 相続したテナントビルの空室が埋まらない・・・。築年数も古いし・・・。

Answer

老朽化したオフィスビルの場合、耐震性や設備に対するテナントニーズが高まっている昨今、再生へ向けた新たな投資コストの見極めが非常に重要になっています。レッツプラザでは、オフィス立地としてのポテンシャル、周辺賃料水準、建物や設備などの状況、マーケットの調査などを実施。修繕やリノベーション、コンバージョン(用途変更)への可能性を綿密に検討し、リノベーション、コンバージョンや建替え等による想定事業収支を作成し、総合的に判断いたします。万が一このまま保有し事業を継続することがオーナー様にとって有益ではないと判断できる際には、ご売却や資産の組み換えによる収益力の向上策等もご提案いたします。

イメージ

ご提案メニュー例

  • ○高い市場競争力を生み出す資産価値向上リノベーション
  • ○建物の強みを最大限活かすコンバージョン(用途変更)

ご所有資産別のサポート内容Q&Aトップへ

お申し込みはこちら

ページの先頭へ