ご相談例の紹介ご相談例の紹介

お悩み【オフィスビル】テナントが埋まらない。どうしたら…―今あるビルを活かして有効活用したい。お悩み 【オフィスビル】テナントが埋まらない。どうしたら… ―今あるビルを活かして有効活用したい。

H様のご相談内容

都心の住宅街の駅近くに4階建ての事業用ビルをご所有のH様。
1階を事務所・駐車場、2~4階を倉庫として使われていましたが、近年、倉庫の稼働率が落ち、収益性が低下していたため、
H様はその有効活用を模索されていました。

ご相談 稼働率の落ちてきた事業用ビルを有効活用したい。ご相談 稼働率の落ちてきた事業用ビルを有効活用したい。

↓

レッツからのご提案レッツからのご提案

ご相談いただいたレッツは、収益性向上の策として以下の選択肢をシミュレーションしました。

  1. (1)オフィスとして改修しテナントを募集
  2. (2)賃貸マンションへの建替え
  3. (3)賃貸住宅へのコンバージョン(用途変更)

検討の結果、(1)は費用が少なくて済むものの住宅地であるためテナント探しの難航が予想され、
(2)は初期投資が大きく愛着のあるビルを取り壊すことになるため、
収益性を確保したうえで今ある建物を活用する(3)をご提案しました。

ご提案 様々な選択肢を検討した結果、コンバージョン(用途変更)による賃貸住宅への再生をご提案。ご提案 様々な選択肢を検討した結果、コンバージョン(用途変更)による賃貸住宅への再生をご提案。

↓

解決策(ご成約)解決策(ご成約)

賃貸住宅への再生で稼働率と収益性を大幅に改善。賃貸住宅への再生で稼働率と収益性を大幅に改善。

レッツは三井不動産リフォームをプロジェクトに招きプランを作成。
H様のこだわりに合わせて、倉庫だった部分をワンルームとファミリー向け住戸へ大胆にリフォームし、
新築と同等の賃料収入を確保することが可能になりました。
また、賃貸住宅の運営・管理はすべて三井ホームエステートが代行。
既存の建物を活かしながら収益性の向上を実現しました。

お客様のメリット

お客様のメリット

  • ・愛着のあるビルを壊すことなく収益性を改善できた
  • ・既存資産を活かし、少ない投資で確実な成果を得られた

ページの先頭へ