ケーススタディケーススタディ

Model Case:1 一人暮らしの母の住まい

ひょっとしたら、相続税がかかってしまうかも?一人暮らしの母の住まい、どうしたらいいだろう・・・。

お悩み

父が亡くなってから10年以上経ち、母も実家も“老い”ました。
一人暮らしには広すぎる家や庭の手入れも行き届かず、
車で30分もかからない場所で暮らす、一人娘の私と夫が、
掃除や片づけを手伝っています。
「相続税」なんて、うちには関係ないと思っていたのですが、
夫が、母が亡くなったら私に相続税がかかってしまうかもしれない、と言います。
実家の老朽化と、母の今後の暮らし、そして相続税の不安。
母のために、そして残される私たちのために、
何か良い解決方法がないかと悩んでいます。

お悩みのポイント

  • ■年老いた親が実家戸建に一人暮らし
  • ■子供世帯は住み替え適齢期で、実家から通勤可能
  • ■土地の相続税評価額が基礎控除見込み額を超える

PLAN 1 PLAN 2

母と娘一家が二世帯で同居の場合

母が娘一家の近くに住み替えの場合

メリット メリット

◇一緒に暮らすことで親の老後の暮らしの不安を解消

◇建替えまたはリフォームにより、再び住みやすい我が家へ

◇同居することにより「小規模宅地等の評価減の特例」が適用可能になり、相続税負担が大幅軽減

◇近居によって親の老後の暮らしの不安を一部解消

◇庭付き戸建からコンパクトマンションへの住み替えにより、居住性を改善

◇戸建からマンションへの買い換えにより相続税評価額を大幅に圧縮

対策実行をお手伝いするメンバー

実家のリフォーム 三井不動産リフォーム
実家の建替え 三井ホーム
住み替え先探し
実家の買い手探し
三井のリハウス

相続税簡易試算表ダウンロード

ページの先頭へ