ケーススタディケーススタディ

Model Case:2 親から受け継いだ広い土地

親から受け継いだ広い土地で夫婦二人暮らし。このまま相続が発生したらどうなるだろう・・・。

お悩み

親から受け継いだ自宅ですが、広い敷地をもてあましているのが現実です。
2人いる子供も独立し、家をでてしまった今、もはや夫婦二人には広すぎる自宅となりました。
毎年かかる固定資産税に広い庭の手入れ・・・。
お金と手間がかかるばかりです。
そんななか、最近リタイアしたのを機に、そろそろ相続に備えて何か対策を講じなければと考え始めています。
親から受け継いだ愛着のある土地を活かした、何か良い解決方法があるでしょうか。

お悩みのポイント

  • ■自宅敷地以外に未利用・低利用な土地を保有
  • ■税制改正で相続税負担の増加が確実
  • ■定年退職等により賃貸事業に興味

PLAN 1 PLAN 2

自宅部分はそのままに、
庭先だけを有効活用の場合

自宅部分も含めた、敷地全体を
有効活用の場合

メリット メリット

◇庭の手入れ等の維持管理の負担から解放

◇一定の収入を確保

◇固定資産税等の節税や「貸家建付地」評価として相続税評価額の圧縮効果

◇借入金なしで建設が可能

◇「区分所有」にすることで、将来の遺産分割や換金処分も容易に

◇一定の節税効果が期待

対策実行をお手伝いするメンバー

駐車場の運営 三井のリパーク
賃貸アパートの建設・運営

三井ホーム

三井ホームエステート

賃貸マンションの建設・運営 三井不動産住宅リース
等価交換マンションの開発 三井不動産レジデンシャル

相続税簡易試算表ダウンロード

ページの先頭へ