Guide Map



旧防衛庁の跡地に誕生した東京ミッドタウン。実はこの土地は
400年あまりの間、一般の人が立ち入ることができなかった場所なのですが、
そんなユニークな歴史をはじめ、東京ミッドタウンの知られざる一面を
ご紹介します。

25種類の野鳥
旧防衛庁の木々
土地の歴史
毛利家下屋敷跡の石組溝
桜継承 プロジェクト
災害時の備え
ARTWORK
ARTWORK
ARTWORK

25種の野鳥

①メジロ ②ハクセキレイ ③オナガ

東京都のレッドリストに指定されている「トビ」「オオタカ」「モズ」をはじめ、18科25種の野鳥が東京ミッドタウンで確認されています。

旧防衛庁の木々

ソメイヨシノやクスノキをはじめ、約140本の木々は東京ミッドタウンの緑地として、移植されています。

土地の歴史

  • 山口県文書館所蔵江戸麻布御屋敷図
  • 陸軍参謀本部発行五千分一東京図
  • 米軍将校宿舎
  • 防衛庁
着工当時の様子。

東京ミッドタウンのある地は、江戸時代には萩藩の毛利家下屋敷でした。明治時代に陸軍駐屯地となり、終戦後には米軍将校の宿舎に。日本に返還された後は防衛庁の檜町庁舎として、実に400年あまりの間、一般には閉ざされた土地として使われていました。

毛利家下屋敷跡の石組溝

①屋敷跡の石組溝 ②擁壁

かつて毛利家下屋敷だったこの地には、屋敷跡の石組溝が残っていました。その石は、現在は擁壁として形を変えて受け継がれています。

桜継承プロジェクト

現在東京ミッドタウンにある約150本の桜のうち、48本が旧防衛庁から移植されたソメイヨシノです。これらの桜から枝を切り取り、苗木を育成。未来へ継承していくプロジェクトを進めています。

災害時の備え

東京ミッドタウンは、災害時を想定した対策にも力を入れています。非常食、飲料水、毛布、簡易トイレ、医薬品、紙おむつなどを備蓄した倉庫をはじめ、非常災害用の水槽や井戸なども設けています。

ARTWORK

①ブルーム ②フラグメントNo5 ③妙夢 ④ファナティックス

二人のアートディレクター、清水敏男氏とジャン=ユベール・マルタン氏が世界で活躍するアーティストを選定し、アートワークをプロデュース。B1~1Fの様々な場所で作品を展示しています。

閉じる