三井不動産のプロジェクト

グラントウキョウノースタワー
2007年4月掲載

八重洲が変わる ビジネスが変わる

優雅なる空間。幹なる環境。柔なる設備。そのすべてに最上の誇りという思いを散りばめました。東京駅の上空から世界を見据える、すべてが、日本最高峰のオフィスビルです。

オフィシャルサイト

三井不動産の役割

JR東日本、鹿島八重洲開発、国際観光会館および新日本石油との共同事業により、 新しい首都東京の顔作りを目指して、全体開発の事業推進を行っています。

ディベロップマネジメント業務

共同事業者と連携し、全体スケジュール管理、行政・近隣折衝、施工者選定・発注および施工監理などを行っています。

北棟における商品企画業務

JR東日本と連携し、特に高層オフィス部分を中心とした商品企画業務を行っています。

北棟におけるオフィステナントリーシング業務および竣工後の管理・運営業務

JR東日本および国際観光会館からオフィスフロアのマスターリースを受け、北棟における貸主となります。

共同事業者

  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 鹿島八重洲開発株式会社
  • 新日本石油株式会社

計画概要

人・地域・社会・環境・歴史・ビジネスをつなぐ結節点に

東京駅八重洲口開発事業は、業務・商業・交流機能の再整備及び拡張により、人・地域・社会・環境・歴史・ビジネスをつなぐ結節点として、将来的な八重洲・日本橋地区の開発拠点となる都市の再生、および地域の活性化を目指しています。今回の開発にでは、特例容積率適用区域制度を活用し、東京駅丸の内駅舎の未利用容積を移転。首都東京の新しい「顔」となるにふさわしいグランドデザインを実現しました。

クリスタルデザインで統一感を

また、「グラントウキョウ ノースタワー」とあわせて開発を進めている「グラントウキョウ サウスタワー」とは、建物外観を高透過ガラスを用いたクリスタルデザインで統一。建物同士をダイナミックで軽快な大屋根「グランルーフ」で結び、並行して行われている駅前広場の整備と合わせ、活気と潤いのある空間を創出します。

所在地 東京都千代田区丸の内1丁目9番1号
敷地面積 14,439.18平方メートル(北中央棟全体)
施設構成(延床ベース) 約212,000平方メートル(北中央棟全体)
スケジュール 着工 2004年9月
竣工 2007年10月31日
グランドオープン 2012年夏 ノースタワーU期(低層部)
グランドオープン 2013年夏 中央部(デッキ)・グランルーフ(大屋根)

アクセス情報

JR他

「東京」駅 直結

このプロジェクトに関するニュースリリース

2009年11月20日
2008年12月5日
2007年11月27日
2007年11月2日
2007年10月2日
2006年11月15日
※本ページに掲載されている情報は、掲載時点の情報です。
現在の施設の運営状況と一部内容が異なることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ