三井不動産のプロジェクト

三井アウトレットパーク  マリンピア神戸
2010年6月掲載

リゾートの雰囲気をたたえるアウトレットモール&レストラン

「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」は、「南欧の港町」をテーマにした都市型の本格アウトレットモールです。明石海峡大橋を臨む絶好のロケーションで、リゾートの雰囲気を味わいながら、ブランドショッピングと各国の多彩な料理が楽しめます。

オフィシャルサイト

関西屈指の大型アウトレットモール

「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」は神戸エリア初の本格アウトレットモールとして平成11年にオープン。「南欧の港町」をテーマにした陽気な街並みと、世界の味を楽しめる多彩なレストランがそろうことでも注目を集めました。
その後もスケールアップオープンによって発展を続け、現在では約130の店舗数を誇る関西エリア屈指のアウトレットモールとして人気を博しています。

関西屈指の大型アウトレットモール

「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」の見どころ、楽しさをご紹介。

施設紹介

三井アウトレットパーク マリンピア神戸の特徴

リゾートの華やぎ

「陽気な南欧の港町」がテーマの街並みから、瀬戸内海や明石海峡大橋の雄大な景観が一望できる、リゾート型アウトレットモールです。週末には家族で楽しめるイベントが開催され、ひと際華やかな雰囲気に包まれます。

充実のアウトレット&レストラン

国内外の一流ブランドを中心に、日本初、関西エリア初の高感度セレクトショップなど、質量ともに充実のショップラインアップを誇ります。さらに「シーポートレストランツ」には神戸でも指折りの名店が集い、ロマンチックな眺望と世界各国の美味しさが楽しめます。

都心部から抜群のアクセス

最寄駅となるJR「垂水」駅は、「明石」駅から6分、「神戸」駅から13分、さらには「大阪」駅、「姫路」駅からも30分以下で到着。リゾートの雰囲気を備えながらも、都心部から抜群のアクセスを誇ります。

三井不動産の役割

当社は、平成9年に神戸市が実施したコンペに当選し、複合商業施設「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」を開発しました。運営は、当社のグループ会社である三井不動産商業マネジメント株式会社が担当しています。

計画概要

所在地 神戸市垂水区海岸通12-5
最寄駅 JR山陽本線「垂水」駅
敷地面積 約78,400平方メートル(全体)
延床面積 36,100平方メートル
店舗面積 22,750平方メートル(うちアウトレット 19,990平方メートル)
テナント数 133店舗(うちアウトレット 116店舗)
主なテナント -
駐車場 約2,500台
開業年月 1999年7月 シーポートレストランツ オープン
1999年10月 ファクトリーアウトレッツ
(2000年6月ファクトリーアウトレッツ・ウエストに呼称変更)
オープン
2000年6月 ファクトリーアウトレッツ・イースト オープン
2006年4月 ファクトリーアウトレッツ・アネックス オープン
2009年3月 ファクトリーアウトレッツ・セントラル オープン

アクセス情報

JR神戸線

「垂水」駅 徒歩9分

第二神明道路

「名谷」ICより約3km

このプロジェクトに関するニュースリリース

2009年1月19日
2008年7月16日
2008年1月23日
※本ページに掲載されている情報は、掲載時点の情報です。
現在の施設の運営状況と一部内容が異なることがございますので、あらかじめご了承ください。