『三井のオフィス』スポーツフェス for TOKYO 2020
第1回 FUTSAL CUP 2017 開催!

11月19日、豊洲テントドームにて『三井のオフィス』スポーツフェス for TOKYO 2020 ~FUTSAL CUP 2017~の決勝大会が開催されました。

このイベントは、三井不動産が運営管理を行う首都圏の『三井のオフィス』において、働くみなさま同士の交流を目的とした会社対抗のフットサル大会で、東京2020公認プログラムとして開催いたしました。

10月より首都圏6ブロックで予選が行われ、100チーム・1,000名を超える応募の中から12チームが決勝にコマを進め、第1回 『三井のオフィス』FUTSAL CUPの優勝を目指し競い合いました。
当日は各チーム白熱した試合を展開。試合後にはお互いを称えた握手を交わすなど、会社を超えた盛り上がりを見せました。


白熱した試合の様子


応援にも熱が入ります

そして、優勝チームとはスペシャルゲストのラモス瑠偉さん率いるチームとのエキシビジョンマッチが行われました!
ラモスチームは様々なサッカーの日本代表が勢揃い!フットサル日本代表の小曽戸允哉選手、アンプティサッカー(主に上肢又は下肢の切断障がいを持った人々により行われるサッカー)の日本代表エンヒッキ・松茂良・ジアス選手、そしてビーチサッカー日本代表の若きエース、大場崇晃選手と守護神・河合雄介選手と、超豪華なメンバーのドリームチーム。華麗な技で、会場の参加者を湧かせました。


ボールを自在に操るアンプティサッカー日本代表エンヒッキ・松茂良・ジアス選手


ラモス瑠偉さんの華麗なボールさばきに会場も興奮!

当社は今後も、東京2020オリンピック・パラリンピックの機運醸成に向けてさまざまな企画を展開してまいります。

『三井のオフィス』スポーツフェス for TOKYO 2020は「スポーツの力」を活用した街づくりの一環として、当社が提供する「場」を通じて、働く人、企業、地域が様々なカタチで出会いつながることで「経年優化」の街づくりを推進することを狙いとしています。

当社は2020年に向けて「BE THE CHANGE さぁ、街から世界を変えよう。」というスローガンを掲げ、「発信する」「つなぐ」「受け入れる」というテーマのもと、自らが変化となり、街づくりを起点に、人や地域や社会に良い変化をつくりだし、変えていくことを目指していきます。

三井不動産の2020年に向けたスローガン

一人ひとりが変化そのものになろうという意味の「BE THE CHANGE」のロゴは、世界を変える「風」をモチーフにデザインされました。三井不動産のコーポレートカラーの二色で塗り分けられたエレメントは、「風に乗って飛び立つ鳥」をイメージしています。2020年とその先に向けて「人が変われば、世界は変わる」という思いから、掲げたスローガンです。

東京2020公認プログラム

東京2020大会の大会ビジョンのもと、スポーツや文化芸術、地域での世代を越えた活動、被災地への支援など、参加者自らが体験・行動し、未来につなぐプログラムです。「『三井のオフィス』スポーツフェス for TOKYO 2020」は、その取り組みの一つで、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に「東京2020公認プログラム(街づくり)」として認証されたプログラムです。