社会貢献・環境

快適さへの取り組み

ワーカーズ ファーストの推進

ワーカーズ ファーストロゴ

「WORKERS FIRST」ロゴの使用例

三井不動産グループのビルディング事業においては、「ワーカーズ ファースト」をコンセプトに、働く人にとって使いやすいビル、心豊かに働けるオフィスづくりに努めています。2008年度においても、情報誌『ワーカーズ ファースト』の発行、運営管理スタッフへのCS研修、テナントCSアンケートなどを継続実施したほか、各ビルでロビーコンサートや記念イベント、季節装飾なども行いました。

ワーカーズ ファースト

ワーカーズ ファースト

「ワーカーズ ファースト」の理念

働く人(オフィスワーカー)にとって、どれだけ安全で快適であるかを第一(ファースト)に考える。私たち三井不動産グループのオフィス事業はそこから始まります。いつも、快適で心豊かに働けるオフィスこそが、個人の力を十分に引き出すことができる。一人ひとりが能力を最大限に発揮することが、そのまま企業(テナント)の成功につながる。私たちはそう考えています。それが、「ワーカーズ ファースト」の理念です。

「ワーカーズ ファースト」宣言

私たちは、日常の仕事をする場面で常に「ワーカーズ ファースト」を意識するための運動をしていきます。そして、私たちの理念は内側に留まらず、お客さまであるオフィスワーカーの方々へも積極的にお伝えしていきます。私たちは、ここに「ワーカーズ ファースト」を宣言します。

館内エコツアー

館内エコツアー

屋上緑化トライアル

屋上緑化トライアル

「日本橋エコ・ムーブメント2009」の開催

「日本橋一丁目ビルディング(COREDO日本橋)」(東京都中央区)では竣工5周年に当たり、「ワーカーズ ファースト」の一環として「日本橋エコ・ムーブメント2009」を2009年6月に開催しました。約280名のオフィスワーカーが参加して、ビルやテナントの環境への取り組みを紹介する施設見学ツアーや屋上緑化の植樹体験などを行いました。

ユニバーサルデザイン、バリアフリーの取り組み

三井不動産グループでは、多くのお客さまにご利用いただくオフィスビルや商業施設、ホテルなどはもちろん、分譲マンションや賃貸マンション、戸建住宅においてもユニバーサルデザインの考え方を取り入れ、誰にも分かりやすく、使いやすい設計・デザインに取り組んでいます。2008年度以降にオープンした次の施設では改正ハートビル法の基準を採用しています。

オフィスビル 「神宮前M-SQUARE」(東京都渋谷区)*
「青山OM-SQUARE」(東京都港区)**
商業施設 「三井アウトレットパーク 入間」*(埼玉県入間市)
「ギンザ・グラッセ」*「GINZA gCUBE」*(東京都中央区)
「三井アウトレットパーク 仙台港」*(仙台市宮城野区) 「ららぽーと新三郷」(埼玉県三郷市)*
「ララガーデン川口」(埼玉県川口市)**
「ららぽーと磐田」(静岡県磐田市)**
ホテル 「三井ガーデンホテル四谷」(東京都新宿区)**

※「*」はハートビル法の「利用円滑化基準」を、「**」はより望ましいとされる「利用円滑化誘導基準」を適用。

AEDの設置状況

三井不動産グループでは、各施設において自動体外式除細動器(AED)の設置を進めています。ビルディング事業では、原則として24時間常駐ビルに標準設置しており、設置台数は2009年5月現在で53台です。商業施設における設置台数は2009年6月現在で37施設で73台です。設置場所としては、従来多かった防災センターやインフォメーションから、より迅速な救命を可能にする共用部分への切り替えを進めています。また、実際にAEDが必要になった際に適切な対処ができるよう、救命技能認定証の取得を進めています。三井ガーデンホテルズにおいてもAEDを全ホテルに設置し、その際に基本研修も実施しています。

分煙対策

三井不動産グループでは、各施設において分煙を推進し、受動喫煙の防止に取り組んでいます。ビルディング事業では2008年度に、「博多三井ビルディング」(福岡市博多区)で喫煙室を新設、「霞が関ビルディング」(東京都千代田区)に喫煙室を増設したほか、他のオフィスビルでも喫煙室の改修などを行いました。商業施設事業においては、すでに各施設で喫煙室の設置などの対応済みです。三井ガーデンホテルズにおいては、「禁煙フロア」の設定を含め客室の禁煙化を進めており、全客室数に占める禁煙客室の割合は2005年度の19%から2008年度は39.7%に拡大しました。ホテルのロビーとフロント周辺の禁煙化・分煙化も実施し、ロビー共用部分の一部に喫煙スペースを設けるなど、喫煙者の方々にも配慮した対応をしています。

博多三井ビルディングのリフレッシュルーム

博多三井ビルの分煙スペースが受賞

2009年9月、日本たばこ産業(株)が主催する「SMOKERS' STYLE COMPETITION 2009」の作品例部門で、「博多三井ビルディング」のリフレッシュルーム(設計・施工:三井デザインテック(株))が最優秀賞を受賞しました。タバコを吸う人にも吸わない人にも心地よい空間となるように配慮された分煙スペースです。

特集1 都市に豊かさと潤いを〜三井不動産の“価値創造”の歩み〜

特集2 残しながら、蘇らせながら、創っていく 〜日本橋再生計画〜

人と地球が、ともに豊かになる街づくりを目指して 三井不動産グループの取り組み

関連情報

名古屋三井ビルディング本館

省CO2改修プロジェクト

ページの先頭へ