社会貢献・環境

環境教育・環境啓発

環境研修

新入社員環境研修

新入社員環境研修

三井不動産では新入社員を対象に、環境問題の基礎、グループ環境方針、自社環境取り組みなどについての環境研修を実施しています。2008年度は27名が受講しました。また、事業部門ごとにも環境研修を実施しています。
2008年度は、ビルディング事業部門では「運用改善によるCO2削減」について、商業施設事業部門では「商業施設における環境問題への取り組み」について、賃貸住宅事業部門では「賃貸住宅事業における環境への取り組みの検討など」について研修を行いました。そのほか、北海道にあるグループ保有林を活用して、森林環境研修を実施しました(54ページ参照)。
ファースト・ファシリティーズ(株)では従業員の環境教育に力を入れており、新入社員研修や正・嘱託社員を対象とした階層別教育を年1回実施するとともに、省エネルギー管理勉強会(年11回)を開催しています。また、環境管理推進分科会を毎月開催し、部門間での情報の共有化を図っています。

三井不動産の環境研修(2008年度)

区分 研修内容 参加者数 開催数
新入社員研修 環境問題の基礎、グループ環境方針、自社の環境取り組みについて 27名 1回
事業部門ごとの環境研修 ビルディング事業部門 <運用改善によるCO2削減に関する説明会>
  • 省エネルギー法、東京都環境確保条例の改正について
  • CO2削減に関する当社の取り組みについて
  • CO2削減を目的とした運用改善の具体的手法について
延べ
約200名
複数回
商業施設事業部門 商業施設における環境問題への取り組みについて 53名 2回
賃貸住宅事業部門 賃貸住宅事業における環境への取り組みの検討など 事業部全員 2回

ファースト・ファシリティーズ(株)の環境研修(2008年度)

区分 研修内容 参加者数 開催数
新入社員研修 環境問題の基礎、自社の環境取り組み・環境事業商品の展開状況などについて 153名 1回
階層別研修 自社の環境取り組みの現状と今後の取組方針などについて 1,068名 階層別に各1回
省エネルギー管理勉強会 ビル管理での省エネルギー事例、地球温暖化等関連法・制度などについて 約70〜100名/回 11回
環境管理推進分科会での情報共有 自社の環境取り組み・環境事業商品の展開状況、エコツアー・eco検定の報告など 約20名/回 12回

eco検定

三井不動産グループは、東京商工会議所が主催するeco検定(環境社会検定試験)を社員の環境教育に活用しています。
ファースト・ファシリティーズ(株)では、2006年度の第1回eco検定から受験を推進しており、2007年度に策定した「FFC環境事業アクションプラン」の中で「eco検定の取得」を環境教育における重点取り組みの1つと位置づけ、eco検定の全員受験(正・嘱託・契約社員を対象)を目標に掲げ取り組んでいます。2008年度末現在のeco検定合格者(エコピープル)数は512名で、全正・嘱託・契約社員の約50%に達しています。
2009年度からは、三井不動産においても全社員を対象にeco検定の取得を推奨しています。また、東京ミッドタウンマネジメント(株)でも取得必須を掲げ取り組んでいます。

エコツアー

電気自動車の見学

電気自動車の見学

ファースト・ファシリティーズ(株)では、毎年3〜4回のエコツアーを実施しています。2008年度は3回の実施で延べ114名が参加し、建設混合廃棄物のリサイクル施設や下水処理場、電力会社などを見学しました。

その他の環境啓発

三井不動産のグループ報『MuFu!』や社内報『&you』、ファースト・ファシリティーズ(株)の環境情報専門誌『海風通信』、三井不動産レジデンシャル(株)のイントラネットなど、さまざまな方法で従業員の環境啓発活動を推進しています。

ファースト・ファシリティーズ(株)エコユニットアワード2008大賞を受賞

ファースト・ファシリティーズ(株)エコユニットアワード2008大賞を受賞

エコユニットアワード2008表彰式

エコユニットアワード2008表彰式

エコユニットとは、eco検定の合格者であるエコピープル2名以上が中心となって積極的に環境活動を行う事業所、団体、サークルなどのこと(登録制)です。エコユニットアワードは、顕著な活動を行っているエコユニットを顕彰しその活動の輪を広げていくことを目的に、2008年度に創設されました。
ファースト・ファシリティーズ(株)は、この第1回の「エコユニットアワード2008」において、大賞を受賞しました。今回の大賞受賞は、事業における環境負荷低減活動や環境教育などに全社一丸となって自発的に取り組んでいる点、各活動においてPDCAサイクルを構築して組織的に活動している点などが評価されたものです。
今後も、「自分たちができることを今やる」という意識で、日常業務での環境活動を実践し、より質の高い環境配慮型サービスを提供していきます。

特集1 都市に豊かさと潤いを〜三井不動産の“価値創造”の歩み〜

特集2 残しながら、蘇らせながら、創っていく 〜日本橋再生計画〜

人と地球が、ともに豊かになる街づくりを目指して 三井不動産グループの取り組み

関連情報

名古屋三井ビルディング本館

省CO2改修プロジェクト

ページの先頭へ