社会貢献・環境

環境への取り組みは新たなステージへ

三井不動産グループは、ますます高まる社会からの要求に応え企業としての社会的責任を果たすべく、ステークホルダーとの連携などの新たな視点を加えた、新しい環境への取組方針を策定しました。
4つの部門(3つの事業部門と事務関連) ごとに環境への取組方針を示すとともに、事務関連についてはエネルギー使用量削減の数値目標も設定しました。

業務部門(ビルディング事業、商業施設事業、ホテル事業、東京ミッドタウン事業※1)

(※1)東京ミッドタウン事業には、住宅関連は含みません。

環境に配慮した建物を提供するとともに、テナントや来館者の方々にもご協力いただき、管理運営時の環境負荷の低減を図ります。

【業務部門】
環境への取り組みに関する2009年度の目標

サステイナブル・デザイン(新築物件の環境配慮設計)

  • 省エネルギー・CO2低減
    熱負荷低減設計、高効率設備の採用 など
  • 水の有効利用
    水循環利用・節水設計 など
  • 省資源・廃棄物削減
    長寿命設計 など
  • 化学物質負荷低減
    土壌汚染の事前確認、シックハウス対策 など
  • 緑あふれる街づくり
    緑化、生物多様性への配慮 など

エコ・アクション(既存物件の環境負荷低減活動)

  • 省エネルギー・CO2低減
    CO2低減工事、設備の高効率運転 など
  • 水の有効利用
    雨水・中水利用、節水活動 など
  • 省資源・廃棄物削減
    3Rの推進 など
  • 化学物質負荷低減
    フロン類・PCB等の適正管理・処理、薬剤の使用削減 など
  • 緑あふれる街づくり
    緑地等の適正管理、緑等を活かした憩い空間の提供 など

ステークホルダーとの連携

  • テナント、オーナーへの積極的な働きかけ
    環境情報提供ツールの作成、先進テナントの取り組みの普及 など
  • 設計会社、建設会社、エネルギー会社、メーカー等との連携・協力
    省エネルギー技術の開発、積極的な活用 など
  • 地域、行政、大学等の研究機関との連携・協力の強化
    建物・施設づくりへの活用 など

家庭部門(賃貸住宅事業、分譲住宅事業、注文住宅事業※2)

(※2)注文住宅事業については、下記取組方針にのっとり、三井ホーム(株)で別途目標を設定しています。

環境に配慮した建物を提供するだけでなく、居住者の方への積極的な働きかけを行うなど、建物提供後の環境負荷の低減にも取り組みます。

【家庭部門】
環境への取り組みに関する2009年度の目標

サステイナブル・デザイン(新築物件の環境配慮設計)

  • 省エネルギー・CO2低減
    省エネルギー住宅・サービスの開発・提供、CO2見える化 など
  • 水の有効利用
    節水型機器の採用 など
  • 省資源・廃棄物削減
    長寿命設計 など
  • 化学物質負荷低減
    土壌汚染の事前確認、シックハウス対策 など
  • 緑あふれる街づくり
    緑化、生物多様性への配慮 など

エコ・アクション(既存物件の環境負荷低減活動)

  • 省エネルギー・CO2低減
    省エネルギーを意識したリフォーム提案 など
  • 水の有効利用
    節水の呼びかけ など
  • 省資源・廃棄物削減
    長寿命設計等を活かしたリフォームの提案 など
  • 化学物質負荷低減
    PCB等の適正管理・処理、薬剤の使用削減 など
  • 緑あふれる街づくり
    緑地等の適正管理、緑等を活かした憩い空間の提供 など

ステークホルダーとの連携

  • 購入者・居住者、管理組合等のニーズに応える省エネルギー活動の推進
    コミュニケーションツールの活用、共用部の省エネルギー対策 など
  • 設計会社、建設会社、エネルギー会社、メーカー等との連携・協力
  • 地域、行政、大学等の研究機関との連携・協力の強化

街づくり(サステイナブル・シティ)

オフィスビル、商業施設、住宅などの総合開発を行う街づくりにおいては、ステークホルダーと連携して、自然や地域と共生するエネルギー・資源循環型の街づくりを進めます。

環境共生型の町づくり

  • 新エネルギーの利用
    バイオマス・自然エネルギー等の活用 など
  • 豊かな緑、土、水、風(空気)
    森づくり、風の道の確保、生物多様性への配慮 など
  • 地域との共生
    地域資源の活用、パブリックスペースの確保 など
  • 地域と連携した環境イベントの推進

エネルギー・資源循環型の街づくり

  • エネルギーの循環利用
    街全体のエネルギーマネジメントシステムの導入 など
  • 水資源の有効利用
    雨水・中水の利用 など
  • ごみの循環利用
    廃棄物削減設計、廃棄物焼却廃熱の活用 など

ステークホルダーとの連携

  • 顧客、地域、行政等と連携した省エネルギー活動の推進
    CO2見える化実証実験 など
  • 設計会社、建設会社、エネルギー会社、メーカー等との連携・協力
  • 地域、行政、大学等の研究機関との連携・協力の強化

事務関連(三井不動産およびグループ会社14社)

三井不動産とグループ会社14社の事務関連においては、共通の環境への取組方針に沿って環境負荷の低減を図ります。特に自用床におけるエネルギー使用量の削減については、定量目標を設定して取り組みます。

【事務関連】
環境への取り組みに関する2009年度の目標

社員啓発

  • 環境教育
  • 環境啓発活動
    エコ視察、eco検定 など
  • 社員の環境活動支援
    環境イベントの情報提供 など

仕事での配慮の呼びかけ

  • 空調温度の設定
  • エコワーク(ノー残業デー)
  • 共用部減灯
  • 不在時消灯の徹底
  • ごみ分別と3Rの徹底
  • 節水

新技術や線事例へのアンテナ拡大

  • 設計会社、建設会社、エネルギー会社、メーカー等との連携・協力
    省エネルギー技術の開発、積極的な活用 など
  • 自用床での省エネルギー機器や新技術のパイロット導入

森林整備

  • グループ保有林の適正管理
  • 環境研修への活用など

特集1 都市に豊かさと潤いを〜三井不動産の“価値創造”の歩み〜

特集2 残しながら、蘇らせながら、創っていく 〜日本橋再生計画〜

人と地球が、ともに豊かになる街づくりを目指して 三井不動産グループの取り組み

関連情報

名古屋三井ビルディング本館

省CO2改修プロジェクト

ページの先頭へ