社会貢献・環境

トップメッセージ

「経年優化」の街づくりによる「都市に豊かさと潤いを」の実現

三井不動産グループの社会的使命

代表取締役社長 岩沙弘道
代表取締役社長
岩沙弘道

三井不動産グループの社会的な使命は、グループ・ステートメントにも掲げている「都市に豊かさと潤いを」を実現することです。

街の魅力と価値の向上に継続的に取り組む「経年優化」の街づくりを通じて、お客さまにより一層ご満足いただける都市・地域再生の街づくりを実現していくために、「環境への取り組み」「高い品質の商品やサービスの提供」「新たな価値・市場創造へのチャレンジ」の3つをCSRの重要なテーマとして掲げています。

地球環境問題への取り組み

地球環境問題への対応は、社会の持続可能性のためには必要不可欠なものであり、また、世界的にも、CO2の排出量の削減を中心とした気候変動への対応が急務となっています。
さらに、お客さまやステークホルダーの方々が、企業の環境への取り組み、環境共生型・資源循環型の「街づくり」や商品・サービスに高い関心を持ち、また企業の付加価値として高く評価する新たなステージに入っています。
三井不動産グループは、従来から環境に配慮した製品やサービスを提供するだけではなく、管理運営時においても、省エネルギーやCO2削減、3Rなどの環境負荷低減活動に努めてきていますが、昨年度見直しをいたしました「三井不動産グループ環境方針」のもと、新たな目標設定を行い、環境への取り組みをより加速させています。
三井不動産グループの環境への取り組みについては、特にオフィスビルや商業施設のテナントや来館者の皆さま、住宅購入者などのお客さまのご理解とご協力なしには実現が困難です。
このため、お客さまにも積極的に情報発信を行い、さらには地域や事業パートナーなどのさまざまなステークホルダーの皆さまとともに、環境施策を積極的に推進してまいります。

高い品質の商品やサービスの提供

三井不動産グループの街づくりの原点は、「顧客志向」です。
2007年度からスタートさせた新たな長期経営計画「新チャレンジ・プラン2016」のストラテジーにも第一に「顧客志向の経営」を掲げています。
「製品の質」といったハード面だけではなく、「安心・安全」という基本要素をはじめ、ソフトの面での顧客満足を実現することが、グループ・ステートメントでもある「都市に豊かさと潤いを」を実現していくための前提条件だと考えています。
昨年9月のいわゆる「リーマン・ショック」以降の景気後退により、厳しい事業環境となっていますが、こうした時期だからこそ、お客さまが真に求めている「品質やサービス」をより的確に把握し、環境的な側面を含めた高い品質の商品やサービスを適切にまた継続的に提供してまいります。

新たな価値・市場創造にチャレンジ

社会環境・経済環境が急激に変化をしていく中、社会やステークホルダーの方々からどのような「品質」や「豊かさや潤い」が求められるのかーすなわち「価値」のあり方そのものも当然変わっていきます。
「街づくり」とは、そうした「価値」の変化に対応しながら、次世代・次々世代に残せる都市を創っていくことです。
日本橋では、今年開館80周年を迎えた「三井本館」をはじめ「古きよき伝統」を残しながら、あるいは蘇らせながら、最先端の施設や機能、コンテンツを導入することにより、魅力ある、また環境に配慮した街づくりを進めています。
「柏の葉キャンパスシティプロジェクト」は、千葉県・柏市などの自治体(=公)と新しい研究拠点づくりを進める東京大学・千葉大学(=学)とともに公・民・学の連携による、「環境・健康・創造・交流の街をつくる」というもので、未来に向けての新たな価値創造を具現化するものです。
地域に住まう人々が愛着を感じ、ずっと住み続けたい、働き続けたいと思う街こそが、人を引き付ける魅力的な街であり、その愛着こそが、時間が経過するにつれて魅力をさらに増していく原動力になります。
三井不動産グループはそうした「新たな価値」を生み、「経年優化」をしていく街づくりを皆様とともに行ってまいります。

「&」マークの理念

現在は、経済史上初ともいえる世界同時不況の状況下ではありますが、「環境共生」や「経年優化」というテーマが将来に向けてより重要になってくると考えています。
三井不動産グループのコーポレート・アイデンティティーである「&」マークは、「あれかこれか」の二者択一ではなく、「あれもこれも」と相反することも柔軟に取り入れていこうというものです。
「環境と共生」しながら、「経年優化」の街づくりを行い、将来に向けて魅力ある街を創造することによって、企業としても持続的な成長を図ってまいります。

「三井不動産グループの社会・環境への取り組み2009」について

本報告書も環境報告書から社会環境報告書に衣替えしてから4年目となり、今年度版より、読みやすさと内容のより一層の充実を図るために、内容を一部Webへ移行しています。本書を通じて三井不動産グループの社会・環境への取り組みのさまざまな活動につきご理解とご支援また忌憚のないご意見を賜りますようお願い申しあげます。

特集1 都市に豊かさと潤いを〜三井不動産の“価値創造”の歩み〜

特集2 残しながら、蘇らせながら、創っていく 〜日本橋再生計画〜

人と地球が、ともに豊かになる街づくりを目指して 三井不動産グループの取り組み

関連情報

名古屋三井ビルディング本館

省CO2改修プロジェクト

ページの先頭へ