社会貢献・環境への取り組み2012

自用床(オフィス)での取り組み

省エネルギー活動、廃棄物削減活動、グリーン購入

三井不動産の自用床(オフィス)では、省エネルギーや廃棄物削減、事務用品のグリーン購入に取り組んでいます。
2011年度は、東日本大震災の影響にともなう夏季節電(電気事業法第27条に基づく電力使用制限、7月〜9月下旬に実施)やごみステーションのリニューアル、ごみ分別マニュアルの整備を実施しました。 
グリーン購入率※1は約70%、OA用紙の再生紙使用率※2は約97%でした。

※1 グリーン購入率:
事務用品(ファイル、ノート・紙製品、筆記用具・修正用品等)のうち、自社「事務用品グリーン判断基準」に適合する製品の占める割合(購入金額ベース)。
※2 再生紙使用率:
OA用紙のうち、再生紙の占める割合(重量ベース)。

東日本大震災の影響にともなう夏季節電

夏季節電対策の実施により、電力使用量(自用床を含む建物全体)のピーク値を「日本橋三井タワー」(東京都中央区)では前年度比で平均約32%削減、「三井別館・本館・二号館」(東京都中央区)では前年度比で平均約31%削減しました。

2011 年度に実施した夏期節電対策

  • 専有部の天井照明の半分以上の間引き
  • 複合機(コピー・プリンター機)の一部停止
  • 給茶器等の一部停止
  • パソコンの省エネモード設定の徹底
  • ブラインドの「下げ」、ハネの「閉」運用の徹底

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ