社会貢献・環境への取り組み2012

水環境の保全

総合的節水性能の向上

業務部門では、従来の節水型トイレ(洗浄水量12〜13L/回程度)よりもさらに節水性能の高いトイレを採用するなど、総合的な節水性能の向上を図っています。

オフィスビルでの取り組み(2011年度)

「御成門M-SQUARE」(東京都港区)や「浜離宮三井ビルディング」などの新築オフィスビル6件(一部竣工前物件含む)のトイレで節水型フラッシュバルブ(洗浄水量6〜10L/回程度のもの)を採用しました。
既存のオフィスビル3件でも節水型トイレへの切り替えを行いました。

商業施設での取り組み(2011年度)

新設の商業施設3施設では節水型トイレ(洗浄水量5.5〜8L/回タイプ)を採用しました。
既存の商業施設3施設では節水型トイレ(洗浄水量5.5L/回タイプ)などに切り替え、3施設合計で年間約26,500m3の節水を見込んでいます。また、「三井アウトレットパーク仙台港」(仙台市宮城野区)では、洗面台関連水栓の水量調整を行いました。これにより、年間約2,200m3の節水を見込んでいます。

ホテルでの取り組み(2011年度)

三井ガーデンホテルズ新規2施設においても、全客室ユニットバスのシャワーに節水コマを設置しました。

雨水・中水利用

「三井アウトレットパーク 倉敷」では、雨水貯留施設(貯留能力1,974m3)を設置し、雨水を植栽への散水に利用しています。
2011年度の新築オフィスビル6件(一部竣工前物件含む)では雨水貯留施設または中水処理施設を設置し、雨水・中水をトイレ洗浄水や植栽への散水などに利用しています。

新築物件での雨水・中水利用の状況(2011年度)

区分 施設名 所在地 内容、規模 用途
商業施設 三井アウトレット
パーク 倉敷
岡山県
倉敷市
雨水貯留施設
(貯留能力1,974m3
植栽へ
の散水
オフィスビル 札幌三井JP
ビルディング
札幌市
中央区
雑用水槽
(貯留能力160m3
トイレ
洗浄水
室町東2-3街区 東京都
中央区
中水処理施設
(処理能力102m3/ 日)
雑用水
浜離宮三井
ビルディング
東京都
中央区
雨水貯留施設
(貯留能力150m3
植栽へ
の散水
横浜三井
ビルディング
横浜市
西区
雨水貯留施設
(貯留能力200m3
トイレ
洗浄水
(仮称)
日本橋本町
二丁目計画
東京都
中央区
雨水利用
(雨水ろ過7.6m3/ 日)
中水利用
(処理能力53.2m3/ 日)
植栽へ
の散水、
トイレ
洗浄水
新橋M-SQUARE 東京都
港区
雨水貯留施設
(貯留能力14.1m3
震災時
雑用水

雨水の地下還元

「三井アウトレットパーク 倉敷」のグラスパーキング

「三井アウトレットパーク 倉敷」の
グラスパーキング

「三井アウトレットパーク 倉敷」では、芝で緑化したグラスパーキング(139台分)を敷設し、雨水を地下に自然浸透させています。
また、「浜離宮三井ビルディング」では外構部に約1,000m2の透水性舗装を、「御成門M-SQUARE」では外構部に約400m2の透水性コンクリートを敷設し、雨水の地下還元を図っています。

水について考える機会の提供

「東京ミッドタウン」では、2011年8月の2日間に「親子水探検ツアー」を実施しました。参加者は7組21名で、水をテーマに雨水・中水の再利用、水景の水循環、トップライトの水膜による熱負荷の低減(パッシブデザイン)などを紹介しました。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ