社会貢献・環境への取り組み2012

自然環境の保全・活用(生物多様性の保全)

既存樹林の保全と活用

「パークホームズ大倉山」で既存樹木を保存

「パークホームズ大倉山」では、約673m2の緑地(屋上緑化、壁面緑化含む)を配置。また、土地の記憶を次世代へと継承していくために、元々敷地内にあった既存樹木のうち、サクラ7本とイチョウ1本を原位置でそのまま保存しています。

緑地の配置と保存樹木の位置

緑地の配置と保存樹木の位置

「ファインコートひばりヶ丘グロウブヴィラ」と隣接緑地の一体整備

「ファインコートひばりヶ丘グロウブヴィラ」(東京都西東京市)は、戸建住宅街の開発と合わせて隣接する西東京市所有の樹林地の再整備を行い、本住宅街のみならず地域に貢献することを、プロジェクト最大の目的として開発を進めました。樹林地内の既存樹木1本1本の状態を確認して保存すべき樹木を選別するなど、丹念に調査を重ね樹林地の再整備計画に反映しました。また、生育不良樹木の間伐や大径木の保全、郷土種を中心とした樹木の補植により、樹林地の景観を改善し、新たなコミュニティ拠点の創出・安全向上・景観修景を実現しました。
これらの取り組みが評価され、「2011年度グッドデザイン賞(土木・環境整備・地域開発・都市デザイン部門)」を受賞しました。

隣接樹林地内樹木の生育状況調査結果とそれを反映した整備計画

隣接樹林地内樹木の生育状況調査結果とそれを反映した整備計画

「パークシティ南千里丘」が「第5回おおさか優良緑化賞」の大阪府知事賞を受賞
「パークシティ南千里丘」の緑地

「パークシティ南千里丘」の緑地

「パークシティ南千里丘」は、2012年2月に「第5回おおさか優良緑化賞」の大阪府知事賞を受賞しました。「平成23年度第5回大阪サステナブル建築賞」とのダブル受賞です。
まち全体としての環境配慮の視点を重視しているほか、緑化の役割を多面的に考慮し、緑化空間の外部への開放、緑化による景観形成、緑を通じたコミュニティの形成や環境負荷の低減など、環境時代にふさわしい取り組みを進めている点が評価されました。

持続可能な森林資源の調達

三井ホーム(株)では、2010年度に「資材調達ガイドライン」の素案を作成し、2016年度までにすべての木材について持続可能な森林資源を使用することを目指して取り組んでいます。
2012年度には、「三井ホーム資材調達ガイドライン」を策定し、サプライチェーンを含めた活動を推進していきます。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ