社会貢献・環境への取り組み2012

省資源・廃棄物削減

長寿命化による省資源・廃棄物削減

建物の寿命を延ばし長く使えるようにすることは、省資源・廃棄物削減につながります。
分譲・賃貸マンションや戸建住宅においては、耐震性や耐久性、耐火性などを高めるとともに、配管などの設備の維持管理や更新が容易に行えるようにするなど、建物の長寿命化を図っています。また、建物供用後も適正なメンテナンスやリフォームを行う事業も展開しています。

長期優良住宅

国は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた「長期優良住宅」の普及を推進しており、長期優良住宅の認定を行うとともに、長期優良住宅普及促進事業や長期優良住宅先導事業などを実施しています。
三井ホーム(株)の戸建注文住宅(多雪地除く)は、「長期優良住宅」に標準仕様で対応しています。
三井不動産レジデンシャル(株)の分譲マンション「パークコート六本木ヒルトップ」は、東京都内のタワー型分譲マンションで初めて、「長期優良住宅」の認定(2010年3月)を取得しています。

再生材の使用

三井不動産レジデンシャル(株)の分譲マンションでは、一部製品を除き、二重床のパーティクルボードや木製建具のMDF(中密度繊維板)に、再生材を使用しています。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ