社会貢献・環境への取り組み2012

トップ・メッセージ

新しい時代の求める価値創造を目指して

三井不動産グループの社会的使命

三井不動産株式会社 代表取締役社長 菰田正信

三井不動産株式会社
代表取締役社長

菰田正信

三井不動産グループの社会的使命を端的に表現しているのが、「都市に豊かさと潤いを」というグループ・ステートメントです。その使命を果たすために、私たちは3つのCSRテーマ、すなわち《環境への取り組み》《高い品質の商品やサービスの提供》《新たな価値・市場創造へのチャレンジ》を掲げ、取り組んできました。
そのような中、2011年3月の東日本大震災と、その影響によるエネルギー問題は、本当の「安全・安心」や「サスティナビリティ」とは何かという課題を私たちに突きつけました。日々の生活の場を提供するデベロッパーとして、当社グループにおいても、上記CSRテーマの中で特に「安全・安心」「サスティナビリティ」に関わる面に取り組んだのが2011年度でした。

街づくりの基本姿勢

2012年4月、三井不動産グループは、2012年度を始期とする新たなグループ中長期経営計画「イノベーション2017」を策定、発表しました。これは、国内市場の成熟化や市場のグローバル化といった事業環境の変化、さらには東日本大震災以降に顕在化したさまざまな課題などを踏まえ、次の時代に向けた価値創造のイノベーションを加速しようというものであり、私たちのCSRの実践にも深く関わっています。
例えば、「イノベーション2017」では、三井不動産グループが今後、力を入れていくべき取り組みの1つとして「街づくりの推進」を挙げ、「街づくりの基本姿勢」を次の3点に集約しています。1つ目は、用途の複合化やソフト・ハードの融合といった「多機能・多彩なコンテンツの融合」。2つ目は、住む人、集う人、憩う人や地域をつなぐ「コミュニティの創造」。そして3つ目は、街が完成したのちもタウンマネジメントなどを通じて、年々、街をよくしていく「経年優化」。この3つを好循環させることが新たな価値の創造につながると考えています。
こうした基本姿勢は、私たちのこれまでの取り組みの延長線上にあるものです。2012年3月に開業5周年を迎えた「東京ミッドタウン」では、当初から開発コンセプトとして“Diversity on the Green”を掲げ、多様な都市機能の融合を目指してきました。また、来街者やテナント企業、周辺の六本木エリアの住民の皆さまなどとともに行うさまざまなイベントや地域貢献活動を通じて、「東京ミッドタウン」を核とするコミュニティの形成も図ってきました。さらに、街の象徴である豊かな緑を守り育てることで、周辺エリアを含めた街の価値向上、すなわち「経年優化」にも取り組んでいます。
同様の基本姿勢は、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」というコンセプトを掲げて官・民・地元一体で進めている「日本橋再生計画」の取り組みにも浸透しています。

街づくりの基本姿勢

スマートシティの取り組み

そうした街づくりの基本姿勢のもと、当社グループがこれから積極的に取り組んでいきたいと考えているのが、「スマートシティ」の推進です。私たちの考える「スマートシティ」とは、さまざまなハードとソフトを組み合わせることで、安全・安心やサスティナビリティ、環境共生、快適性・効率性などを実現する街づくりです。
当社グループにおけるその先駆的な取り組みとして、「柏の葉スマートシティ」が挙げられます。ここでは、「『世界の未来像』をつくる街」をコンセプトに、公民学連携のもと環境共生・健康長寿・新産業創造などの社会的課題を解決するモデル都市を目指しています。日本が先進諸国に先駆けて直面している課題の解決に取り組むことで、国内外を問わず今後の街づくりに貢献できる、そんな「課題解決型の価値創造」にグループを挙げて取り組んでいく考えです。

スマートシティの取り組み

“「and」マークの理念”とともに

このように、「イノベーション2017」で示した「街づくりの基本姿勢」や「スマートシティの取り組み」は、これまで蓄積してきた価値創造の源泉を整理・強化したものといえます。
三井不動産グループのDNAともいえる、こうした「街づくり」における価値創造の精神は、複合開発以外のさまざまな単体プロジェクトにおいても、随所に生かされています。
「安全・安心」に関していえば、昨年度はオフィスビルをはじめ分譲住宅や商業施設など各事業部門において、BCP・防災対策の強化を図りました。
「環境共生」についても、これまでの取り組み姿勢をさらに強化すべく、2012年度から「&EARTH」(アンド・アース)という環境コミュニケーションワードをグループビジョンの中に位置づけるとともに、「グループ環境方針」などの見直しを図りました。
2011年、三井不動産は創立70周年を迎えました。私たちはその間、一貫して時代の求める価値を創造・提供することに努めてきました。そして今、「安全・安心・サスティナビリティ」や「環境共生」をめぐる課題解決が強く求められる中で、私たちの拠り所となるのは“「and(アンド)」マークの理念”です。「あれかこれか」の二者択一ではなく、「あれもこれも」と相反することも柔軟に取り入れながら、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」を図っていくこと。私たちが取り組んでいる《環境への取り組み》《高い品質の商品やサービスの提供》《新たな価値・市場創造へのチャレンジ》という3つのCSRテーマの先には、これまでも、これからも常に“「and」マークの理念”の実現という目標があります。
本報告書では、2011年度を中心に多方面にわたる社会・環境への取り組みについて記載しました。これらの報告を通じて、皆さまには三井不動産グループの活動に対するご理解をいただくとともに、今後とも変わらぬご支援、また忌憚のないご意見を賜りますようお願い申しあげます。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ