社会貢献・環境への取り組み2011

「横浜スマートシティプロジェクト」へ参加

横浜市では民間企業や市民と協働し、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一環として、「横浜スマートシティプロジェクト」を推進しています。低炭素都市の実現を目標に、エネルギーの供給側から需要側までの総合的な社会システムの中に、スマートグリッドや電気自動車などの最先端の技術を投入していくことで、新しい都市マネジメントの形を実証していきます。
三井不動産グループは、「横浜三井ビルディング」「パークホームズ大倉山」「ファインコート大倉山マスターズヒル」において、「横浜スマートシティプロジェクト」の実証事業に参加しています。

「横浜スマートシティプロジェクト」の概念図

「横浜スマートシティプロジェクト」の概念図

「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン構想」にも参加

三井不動産グループは、藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン構想」にも参加しており、区画整理事業の推進や事業全体のサポートを行います。

「横浜三井ビルディング」〜「オフィスビル向け電力需給のデマンドレスポンス」実証事業〜

「横浜三井ビルディング」はCASBEE横浜で最高位のSランクの認証を取得した環境性能の高いオフィスビルです。その高環境性能を生かし、「横浜スマートシティプロジェクト」の「ビル群管理センターの開発と実証」の一環として、(株)東芝、丸紅(株)、三菱地所(株)と共同で、国内初の「オフィスビル向け電力需給のデマンドレスポンス」のあり方を検討するための実証事業を実施します(期間:2012年秋〜2014年度)
各ビルのエネルギー管理システム(BEMS)を(株)東芝が開発・運用する統合ビル管理システム(統合BEMS)に接続。これにより、ビル単位、フロア単位でのエネルギーの使用状況などの確認が可能となります。
さらに地域エネルギー管理システム(CEMS)からの電力エネルギーの需要管理に基づき、各ビルの電力使用状況に応じて使用量を調整する仕組みを検討します。

社員コメント
三井不動産 ビルディング本部 運営企画部 三浦 涼

エリア単位のエネルギーコントロールの実現に向けて

三井不動産 ビルディング本部
運営企画部 三浦 涼


地域の複数施設と連携を図りながら、街全体のエネルギーをコントロールすることは、スマートシティ構築の大切な要素です。このプロジェクトを通して、デマンドレスポンス対応に必要なシステムや運用の在り方を検討し、オフィスビルのイノベーションに繋げたいと考えています。

「パークホームズ大倉山」〜「マンション向けエネルギーマネジメントシステム」実証事業〜

三井不動産レジデンシャル(株)の「パークホームズ大倉山」においても、大規模分譲マンションを対象とした「マンション向けエネルギーマネジメントシステム」の実証事業を2012年12月下旬から2014年度にかけて実施します。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ