社会貢献・環境への取り組み2013

「社会貢献活動方針」の策定

2013年3月、三井不動産グループの「社会貢献活動方針」を策定しました。

「社会貢献活動方針」策定の主な目的

三井不動産グループでは、街づくりという本業を通じて広く社会に貢献するとともに、各部門の事業展開に伴うさまざまな社会貢献活動にも取り組んできました。
今後も引き続きグループを挙げて社会貢献活動を推進するに当たり、取り組みの指針とし、社会貢献活動に関する認識の共通化を図るための方針を策定することが必要であると考えました。この「社会貢献活動方針」は、これまで各社・各部門で取り組んできた社会貢献活動における共通の基軸となるものです。
三井不動産グループが取り組んできた社会貢献活動の具体例については、「社会貢献活動」のページに記載しています。

策定に当たっての考え方

「社会貢献活動方針」の策定に当たっては、三井不動産グループの「ステートメント・ビジョン・ミッション」および「CSRテーマ」の理念をベースとしています。また、それに加え、「経年優化」や「スマートシティ」等のキーワードに象徴される「都市再生・街づくり等本業を通しての当社事業の特性」「当社事業のグローバル化に伴う国際交流活動の重要性」「文化・芸術・医療等様々な活動を通して地域社会に貢献してきた『三井』の歴史」といった観点を踏まえて策定しました。
社会貢献活動方針では、前文で、三井不動産グループの社会貢献活動に関する基本的な考え方を表現しました。三井不動産グループでは、「地球環境」「地域社会」「文化・教育」「国際交流」の4つの分野を中心に、地域社会の方々とともに調和を図りながら、自社の持つ施設やネットワーク、人材などの資源を積極的に活用した社会貢献活動を進めていきます。

三井不動産グループ「社会貢献活動方針」 (2013年3月27日制定)

私たちは、グループ・ステートメント「都市に豊かさと潤いを」の理念のもと、社会・経済の持続的な発展を目指し、都市再生・街づくりを通じて社会に貢献するとともに、「豊かさと潤い」を実現する様々な活動にグローバルな視点で取り組みます。

  1. 「地球環境」「地域社会」「文化・教育」「国際交流」の4つの分野を中心に取り組みます
  2. 地域社会の方々とともに調和を図りながら取り組みを推進します
  3. 自社の持つ施設やネットワーク、人材などの資源を積極的に活用します

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ