社会貢献・環境への取り組み2014

トップ・メッセージ

人と地球がともに豊かになる社会をめざして

三井不動産グループの社会的使命

三井不動産株式会社 代表取締役社長 菰田正信

三井不動産株式会社
代表取締役社長

菰田正信

三井不動産グループの社会的使命を端的に表現しているのが、「都市に豊かさと潤いを」というグループ・ステートメントです。人が暮らし、働き、憩う「都市」を豊かで潤いのあるものにするための基本理念は、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」を図ることであり、その象徴として私たちは「&(アンド)」マークを掲げています。
この理念のもと「環境」「品質」「新たな価値・市場創造」の3つのCSRテーマを設定し、社会・経済の持続的発展と地球環境の保全を両立させるべく社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

人と地球がともに豊かになる「街づくりの推進」

三井不動産グループでは、2012年に中長期経営計画「イノベーション2017」を策定しました。この中の主要な取り組みの1つが「街づくりの推進」であり、その中核を成すのが「スマートシティ」です。三井不動産グループの考える「スマートシティ」はエネルギー問題のみならず、安全・安心、健康長寿、少子高齢化、産業創造等、人類が直面する幅広い課題を、街づくりを通して解決することを目指すもので、民間事業であると同時に社会貢献度も高いものとなっています。
2014年度は郊外型と都心型のスマートシティの代表事例である「柏の葉スマートシティ」と「日本橋再生計画」が具現化しました。

(1)「柏の葉スマートシティ」が本格始動

三井不動産グループのスマートシティのフラッグシッププロジェクトである「柏の葉スマートシティ」においては、2014年7月に中核街区となる「ゲートスクエア」がオープンしました。「ゲートスクエア」には、省エネ・創エネ・蓄エネ機能に加え、日本初の電力の街区間融通等を行う地域のエネルギーマネジメントセンターが置かれています。さらにホテル、賃貸住宅、ホール等に加え、起業を目指す人々のための支援・交流や健康維持・医療の機能を集積させた複合施設であり、課題解決型街づくりのショーケースとなっています。
今後も公・民・学が連携して、多様なコミュニティの交流からイノベーションが次々と生まれる街づくりを進めてまいります。

(2)「日本橋再生計画」は新たなステージへ

日本橋エリアでは「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をテーマに、お江戸日本橋のにぎわいを取り戻すとともに、グロ―バルな都市間競争に勝ち抜ける魅力の創造を目指す「日本橋再生計画」を官・民・地元が一体となって推進しています。
2014年3月にオープンした商業施設「COREDO室町2・3」やオフィス・賃貸住宅からなる複合施設は、地元の皆さまや既存の施設との連携により、深夜や休日にもこれまで日本橋になかったにぎわいを生み出しています。
今後導入予定の大型ガスコジェネレーションシステムによって、万が一系統電力が途絶した場合でも、中圧ガスを利用してビル内に電力や熱を供給することができます。さらに、既存の市街地にも配電・配熱をすることで、街ごとエネルギーのスマート利用を実現することも可能です。今後も国家戦略特区等の活用や種々の規制緩和も提言し、アジアで一番働きやすく、暮らしやすい街づくりを進めます。

森林保全と地域社会への貢献

三井不動産グループは街づくりという本業を通じて社会に貢献するとともに、「社会貢献活動方針」に基づき、「地球環境」「地域社会」「文化・教育」「国際交流」の4分野を中心に社会貢献活動に取り組んでいます。
例えば北海道で約5,000haの森林を適正に維持・管理しており、地球環境の保全に貢献しています。従業員の環境意識を高めるため植林研修も実施しています。また、維持・管理の過程で生じる間伐材等を、オフィス家具やグループ住宅事業で活用し、「国産材の活用」「生物多様性の保全」「CO2の長期吸収・固定」等にも貢献しています。
東日本大震災の復興支援に関しても、経団連の震災復興特別委員会委員長会社として積極的に取り組んでいます。復興庁の「結の場」プロジェクトに参加し、被災地域の企業の販路拡大支援にも継続的に取り組むとともに、被災地に従業員を派遣し水産業のお手伝いや地域住民との交流を行うCSR研修も実施しています。

人と地球がともに豊かになる社会へ

今後も三井不動産グループは、グループ・ステートメントやグループビジョンに掲げる「&EARTHの理念にのっとり、「人と地球がともに豊かになる社会」の実現に向け、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献してまいる所存です。
また、事業活動や社会貢献活動の基盤として重要となるコーポレート・ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスについても、引き続き内部管理態勢の強化・徹底に努めてまいります。
本報告書『&EARTH REPORT』では、2013年度を中心に多方面にわたる社会・環境への取り組みについて報告しています。これらの報告を通じて、皆さまには三井不動産グループの活動に対するご理解をいただくとともに、今後とも変わらぬご支援、また忌憚のないご意見を賜りますようお願い申しあげます。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ