社会貢献・環境への取り組み2014

特集2 &Nihonbashi 歴史・伝統と革新の融合する街をめざして

「日本橋再生計画」は第2ステージへ

残しながら、蘇らせながら、創っていく

三井不動産の本拠地であり、三井グループにもゆかりの深い日本橋。この街の活性化や新たな魅力の創造に向け、官・民・地元一体で進めているのが「日本橋再生計画」です。「残しながら、蘇らせながら、創っていく」というコンセプトのもと、街区の再開発といった「モノづくり」(ハード面)と、コミュニティ活動やイベントなどの「コトづくり」(ソフト面)の両面に取り組んできました。
「COREDO日本橋」を開業した2004年から本格的にスタートした「日本橋再生計画」は、2014年秋の「日本橋室町東地区開発計画」全体竣工を機に、新たなステージへ。斬新で個性的な街づくりを通じて、東京の国際競争力強化にも貢献したいと考えています。

COREDO日本橋(2004年竣工)

COREDO日本橋
(2004年竣工)

日本橋三井タワー(2005年竣工)

日本橋三井タワー
(2005年竣工)

COREDO室町(2010年竣工)

COREDO室町
(2010年竣工)

日本橋架橋百年祭(2011年10月)

日本橋架橋百年祭(2011年10月)

名橋「日本橋」橋洗い(毎年7月)

名橋「日本橋」橋洗い(毎年7月)

※三井不動産は、「名橋『日本橋』保存会」「日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会」「日本橋再生推進協議会」などの地元団体に参加して、日本橋再生に取り組んでいます。

「日本橋スマートシティ」をめざして

「日本橋再生計画第2ステージ」とは、すなわち「日本橋スマートシティ」を目指すステージ。三井不動産グループが考えるスマートシティを既成市街地において実現する「都心型スマートシティ」のモデル事業です。「第2ステージ」においては、心意気・粋といった日本橋らしい価値観を中心に、次の4つのキーワードを軸とした「人が主役の街づくり」に取り組んでいきます。

◆「日本橋再生計画第2ステージ」の4つのキーワード

ページの先頭へ

「日本橋室町東地区開発計画」竣工

「日本橋再生計画第2ステージ」の始まりを告げる「日本橋室町東地区開発計画」は、5つの街区を面的に開発することで、働く・遊ぶ・暮らすといったさまざまな機能を融合させる総合的な街づくり。2014年3月にオープンした「室町古河三井ビルディング(COREDO室町2)」「室町ちばぎん三井ビルディング(COREDO室町3)」に続き、2014年10月竣工予定の「福徳神社」再建をもって全体竣工を迎えます。

「日本橋室町東地区開発計画」竣工地図

◆道づくりによる街づくり

面的開発という特性を生かし、周囲の歴史的建築物との調和にも配慮しながら、街区全体の景観を形成。それぞれの「通り」に個性を持たせることで、歩いて楽しい街を実現しました。

【中央通り】ビル低層部のスカイラインを約100尺(約31m)に統一。

【中央通り】
ビル低層部のスカイラインを約100尺(約31m)に統一。

【江戸桜通り】日本銀行本店から続く桜並木を延伸し、歩道幅を拡幅。

【江戸桜通り】
日本銀行本店から続く桜並木を延伸し、歩道幅を拡幅。

【仲通り】電線類地中化および石畳により道路表層を整備。

【仲通り】
電線類地中化および石畳により道路表層を整備。

◆地元の鎮守「福徳神社」の再建

福徳神社完成予想イメージ

福徳神社完成予想イメージ

1,100年以上前から日本橋室町地域の人々に親しまれてきた「福徳神社」。来街者に安らぎを提供するとともに、祭りなどを通じた地域コミュニティの拠点として再生します。また、災害時帰宅困難者に提供する水・食料等の備蓄倉庫を設置するなど地域防災機能も持たせました。

◆江戸桜通り地下歩道を防災拠点に

江戸桜通り地下歩道

江戸桜通り地下歩道

中央区と共同で整備し、約3,000㎡の広場空間を創出。災害時には帰宅困難者など約1,800人を収容する防災拠点にもなります。

◆外国人に向けた「日本橋おもてなしプロジェクト」

日本橋案内所の外国人コンシェルジュ

日本橋案内所の外国人コンシェルジュ

「COREDO室町2・3」の開業に合わせて、「日本橋案内所」、和室・茶室「橋楽亭/囲庵」を拠点に、外国人観光客などに日本橋の文化・歴史や街めぐりの楽しさを体験していただく「日本橋おもてなしプロジェクト」を開始しました。
日本文化を大切にしている日本橋から、世界に日本の良さを伝える活動を今後も推進・拡大していきます。

◆2013年度街づくりイベント

「日本橋再生計画」では、地元団体や企業などとともに、街の活性化を目指すさまざまなイベントなどを実施しており、季節の風物詩となっているものも少なくありません。2013年度の取り組みからいくつかをご紹介します。

橋の日 打ち水大作戦(8月4日)

橋の日 打ち水大作戦(8月4日)

ECO EDO 日本橋 2013
〜五感で味わう、江戸の涼〜

[2013年7月13日〜9月23日]
環境省の「クールシェア」活動とも連動。アートアクアリウム展には79日間で50万人が訪れました。

約200人が参加した「きもの大集合写真」(10月27日)

約200人が参加した「きもの大集合写真」
(10月27日)

TOKYO KIMONO WEEK 2013
〜きもの・和・日本橋〜

[2013年10月17日〜29日]
恒例の「きもの大集合写真」などで着物文化を発信し、街ににぎわいを創出。

桜ライトアップ(三井本館)

桜ライトアップ(三井本館)

桜フェスティバル

[2014年3月20日〜4月6日]
桜の新しい楽しみ方の提案や、日本橋の伝統文化を気軽に体験できるイベントなどを実施。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ