社会貢献・環境への取り組み2014

街づくりにおける価値創造

三井不動産グループでは、街づくりの中でさまざまな新しい価値を創造し、お客さまや社会に向けて提供することに努めています。

街づくりの基本姿勢

三井不動産グループでは、「街づくりの基本姿勢」を次の3点に集約しています。1つ目は、用途の複合化やソフト・ハードの融合といった「多機能・多彩なコンテンツの融合」。2つ目は、住む人、集う人、憩う人や地域をつなぐ「コミュニティの創造」。そして3つ目は、街が完成したのちもタウンマネジメントなどを通じて、年々、街の魅力を高めていく「経年優化」。この3つを好循環させることが、新たな価値の創造につながると考えています。

街づくりの基本姿勢

街づくりの基本姿勢

14年連続の「グッドデザイン賞」受賞

三井不動産グループでは、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2013年度グッドデザイン賞」を4部門10プロジェクトで受賞しました。三井不動産の街づくりにおける価値創造の取り組みが評価されたものと考えています。

受賞プロジェクト(2013年度)

  • 柏の葉AEMS(千葉県柏市)
  • 柏の葉HEMS(千葉県柏市)
  • パークシティ柏の葉キャンパス 二番街(千葉県柏市)
  • パークタワー芝公園(東京都港区)
  • パークシティ武蔵野桜堤桜景邸(東京都武蔵野市)
  • パークタワー高輪(東京都港区)
  • パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワーの防災マンション計画(川崎市中原区)
  • BSウォール工法(三井ホーム)
  • Gフレーム構法(三井ホーム)
  • 2×4木造耐火建築・工法(5階建)(三井ホーム)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ