社会貢献・環境への取り組み2015

健康・快適性の向上

三井不動産グループでは、お客さまの健康をサポートし、また商品・サービスを快適にご利用いただくための取り組みを行っています。

戸建注文住宅の健康・快適性への取り組み

三井ホーム(株)では、健康・快適性の増進と省エネ・省資源を両立させることが、今後の持続可能な社会に必要と考え、居住環境性能の向上に取り組んでいます。2014年10月、三井ホーム(株)の戸建注文住宅における2つの取り組みが、「2014年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

◆健康空調システム「スマートブリーズ」

「スマートブリーズ」システム概念図

「スマートブリーズ」システム概念図

健康空調システム「スマートブリーズ」は、従来よりも省エネルギー性を高め、自由度の高い住空間と健康・快適性を両立させました。住宅メーカーとして「構造躯体技術」と「空調システム」の両輪で開発。空調馬力のダウンサイジングを実現し、エネルギー消費量を従来比18.5%削減しました。また、居住者への実測調査により、カビやダニの繁殖が抑制されることも実証されています。

◆木造建築床遮音システム「Mute55」

「Mute55(ミュート55)」は、鉄筋コンクリート造に匹敵する遮音性能を木造建築で実現した高性能床遮音システムです。一般的な高遮音仕様の木造住宅に比べ、下階に伝わる音が、体感上約2分の1程度に低減されます。また、鉄筋コンクリート造の硬い床よりも歩行感が優しく、足腰への負担が少ないため、賃貸住宅にとどまらず、高齢者施設・文教施設・医院など、幅広い用途で使われています。

やさしい歩行感を実現するスプリング

やさしい歩行感を実現するスプリング

優れた遮音性を持つ制振ゴム

優れた遮音性を持つ制振ゴム

PDF版

&EARTH REPORT 2015
三井不動産グループの社会・環境への取り組み

ダイジェスト版(PDF:21.3MB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ