社会貢献・環境への取り組み2015

CS(顧客満足)の向上

三井不動産グループでは、お客さま一人ひとりにご満足いただけるよう、常にコミュニケーションを図りながら、顧客志向に基づいた商品・サービスの「品質」向上に取り組んでいます。

多様な暮らし方を実現する空間の提供

三井不動産レジデンシャル(株)では、現代のライフスタイル多様化などのニーズに応え、フレキシブルに住むことのできる住空間の開発に注力しています。

◆「KANAU PLAN(カナウプラン)」

仕切りや段差のないフラットな室内で自由に動かせる「可動間仕切り収納(Kanau Shelf)」を採用することで、住戸内の柔軟なプラン変更を可能とする「KANAU PLAN」を開発しました。作り手が定めた「LDK」といった画一的なプランではなく、住まい手のライフスタイルの変化に合わせて、いつでも気軽に変更できる居住空間を提供します。
「可動間仕切り収納(Kanau Shelf)」は収納と間仕切りを兼ねるもので、下部に設置したキャスターでスムーズに動かすことができます。また、天井に突っ張ることで上下でしっかりと固定されるため、地震の際の家具転倒防止にも役立ちます。
「KANAU PLAN」は、2014年6月に販売開始した分譲マンション「パークホームズ駒沢 ザ レジデンス」(東京都世田谷区)で初めて導入しています。

間取りを気軽に変更可能

間取りを気軽に変更可能

間取りを気軽に変更可能

◆「パークホームズLaLa 新三郷」

開放的な「通りみち」

開放的な「通りみち」

2014年7月に竣工した分譲マンション「パークホームズLaLa 新三郷」(埼玉県三郷市)では、「共働き夫婦の子育て住宅」というテーマのもと、住まい手がさまざまな生活のシーンに合わせてフレキシブルに対応できるプランを提供しています。住まいを水回り・寝室と「通りみち」(共用空間)の3つに分ける空間構成で、「通りみち」は、玄関からバルコニーまで広がる、明るく開放的な家族のコミュニケーションの場となります。近隣との交流、在宅ワークといった外部社会とのつながりの場としても成立。従来の「家族とのつながり」を越えた「社会とのつながり」も内包する住まいを提案するものです。
「パークホームズLaLa 新三郷」は「2014年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

商業施設のお客さまとのソーシャルコミュニティ

2014年11月、公式Twitterアカウントを通じて商業施設のお客さまとコミュニケーションを図りながら、新たな「楽しさ」を提供していくソーシャルコミュニティ「LaLaFan」を立ち上げました。SNSの特性を生かして、お客さまにご参加いただく機会(イベントなど)をソーシャルとリアルの両面を組み合わせて実施するなど、近年のスマートフォンの普及を受けたCS向上の取り組みを展開しています。3施設から提供を開始し、順次拡大していく予定です。

LaLaFan

接客ロールプレイングコンテストを開催

接客ロールプレイングコンテスト

接客ロールプレイングコンテスト

商業施設を運営する三井不動産商業マネジメント(株)では、施設運営スタッフとともに「お客さまが感動する接客」を目指して、CS向上に取り組んでいます。
2014年9月には「第6回接客ロールプレイングコンテスト全国大会」を開催しました。大会出場者を決める各商業施設の予選会には、出店者スタッフ1,540人が参加。その予選会を勝ち抜いた代表40人が「接客No.1」を目指して競い合いました。

また、一般社団法人日本ショッピングセンター協会が主催する「SC接客ロールプレイングコンテスト」にも予選会で選ばれた出店者スタッフが毎年出場しています。2015年1月の同全国大会には、「ララガーデン川口」(埼玉県川口市)、「三井アウトレットパーク仙台港」(仙台市宮城野区)の出店者スタッフ2人が出場しました。

ホテルにおけるCS向上の取り組み

全力応対コンテスト

全力応対コンテスト

三井ガーデンホテルズを運営する(株)三井不動産ホテルマネジメントでは、毎年、全ホテルを対象とする接遇コンテストの実施や、全力挨拶キャンペーンを実施しています。2015年2月12日に行われた「第7回全力応対コンテスト」では各ホテル宿泊部門の代表17人が参加し、ロールプレイングによる接遇を披露し合いました。
また、三井ガーデンホテルズで働くすべての人の行動指針をまとめた「クレド」を策定。各ホテルのマネージャーとCSキャプテンが主軸となり、クレド6つの行動指針をテーマとしてCS・ES(従業員満足)向上を目指す「クレド活動」を実施しています。「CREDO通信」の発行、「クレド賞」の授与なども行い、活動の活性化を図っています。
さらに、年2回開催する「CS推進会議」では、役員と各ホテルの担当者が出席して、CS向上についての活動報告や検討を行っています。

お客さまアンケート等の実施

各事業においてお客さまの声に耳を傾ける取り組みを行っています。オフィスビルのテナント企業や、マンション・戸建住宅の居住者、ホテルの宿泊者などへのCS調査を実施し、各種改善に役立てています。商業施設事業では、「お客さまの声ボックス」の設置やお客さまの会員組織「LaLaクラブ」の協力によるグループインタビュー「コーヒーブレイク」を通して幅広くご意見・ご感想を収集し、施設運営の改善や店舗づくりなどに活用しています。

利用者のご意見等に基づく改善例

◎オフィスビル
  • 防犯対策
  • 分煙対策
  • 共用部分の整備
  • エレベーターの運行プログラムの改善
  • トイレ内の設備環境の整備
  • エレベーター救出訓練の見学会実施
  • 館内施設の見学ツアーの実施
◎商業施設
  • コインロッカー増設、大型コインロッカーの設置
  • キッズスペース改修・増設
  • ベビールーム内空気清浄機・電子レンジ設置
  • オムツ交換室カーテン設置
  • 授乳室の床材、壁クロスの張替
  • 女性トイレ・パウダールーム改修
  • ベビーカー設置場所の増設(ベビーカーの増台)
  • ベビーカー返却場所増設
  • カート返却場所増設
  • 駐車場内サイン改善
  • 館内ベンチ、サイン増設
  • スモーキングルーム扉改善
  • ペットルールの変更(持ち込みエリアの見直し)
◎物流施設
  • 共用部の喫煙場所の整備
  • 駐車場・駐輪場の増設
  • 共用アメニティの充実(クリスマスツリー・門松の設置、一言カードの設置など)

PDF版

&EARTH REPORT 2015
三井不動産グループの社会・環境への取り組み

ダイジェスト版(PDF:21.3MB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ