社会貢献・環境への取り組み2015

&Smart Q なぜ三井不動産グループが「地域エネルギーネットワーク」づくりに取り組むのですか? A 地球にやさしく、災害に強い街を実現するためです。 私たちは、「人と地球がともに豊かになる社会」を目指し、未来を見据えた地域エネルギーネットワークをつくることで、CO2などの環境負荷が少なく快適で、さらに災害時には人の生命や資産を守り、いち早く安定した生活や事業が継続できる街づくりを進めています。「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市)での取り組みはそのための大きな一歩です。

「地域エネルギーネットワーク」で何ができるのですか?

「柏の葉スマートシティ」では、街区をまたいだ地域全体で電力を効率的に活用し、省エネ・CO2削減に貢献する仕組みを構築しています。また、大規模災害などの非常時に電力会社からの電力供給が停止しても、地域内の非常用発電機から得た電力や太陽光発電、蓄電池などの電力を融通しあうことで、事業の継続(BCP)や生活の維持(LCP)が可能です。
公道をまたいで街区間で電力融通を行うのは、「柏の葉スマートシティ」が日本初です。

平常時は「地球にやさしく」

平日は商業施設の「ららぽーと柏の葉」からオフィスなどで電力需要の高まる「ゲートスクエア」へ、休日は「ゲートスクエア」から「ららぽーと柏の葉」へ電力を供給し街区間で電力を融通しあうことで、街全体の電力ピークカットが可能となり、省エネ・CO2削減に貢献します。

地域レベルでピークカットを実現

非常時は「災害に強く」

災害などにより電力会社からの電力供給が停止した場合、地域内の「ゲートスクエア」や「ららぽーと柏の葉」にある太陽光発電や蓄電池などの電力をマンション(パークシティ柏の葉キャンパス一番街・二番街)のエレベーターや共用照明などの共用設備へも供給します。

地域の防災力を強化

ページの先頭へ

どのような仕組みになっているのですか?

「ゲートスクエア」内の「柏の葉スマートセンター」に、地域全体のエネルギーを管理する「柏の葉AEMS」を設置。各施設のエネルギー管理システム(HEMS・BEMS)や太陽光発電・蓄電池などとネットワークで結んで情報を集約し、エネルギー使用状況や気象情報などに応じて、街全体で効率的な発電・蓄電・電力融通の制御を行っています。

柏の葉AEMS

東京都心の日本橋室町において、再開発建物内に都市ガスを燃料とした大型の高効率発電機(ガスコジェネレーションシステム)を導入し、地域電気・熱供給事業を2019年から開始する計画です。高効率発電機で発電した電力を、開発区域内の施設だけでなく周辺の既存施設などへも供給することで、非常時に電力会社からの電力が停止しても、地域のBCP電力確保が可能です。また、発電時に発生する廃熱も有効活用し、地域全体での省エネ・CO2削減を図ります。

PDF版

&EARTH REPORT 2015
三井不動産グループの社会・環境への取り組み

ダイジェスト版(PDF:21.3MB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ