阿藤芳明阿藤芳明

阿藤芳明

税理士。昭和27年生まれ。早稲田大学教育学部卒。税理士法人エーティーオー財産相談室代表社員。国税専門官として税務調査を10年強経験後アーンスト&ヤング会計事務所、タクトコンサルティングを経て独立。経験を生かした資産税のスペシャリストとして活躍中。著書に『相続に強い税理士になるための教科書』『相続財産は法人化で残しなさい』『円満な相続の本』など。

税理士法人ATO財産相談室

土地資産家のための税務講座土地資産家のための税務講座

2018年5月号
小規模宅地等の評価減の特例の改正点と注意点
相続税において最も重要な特例のひとつに『小規模宅地等の評価減の特例』があります...(続きを読む
 
2018年1月号
空室があると土地も建物も評価額は大幅にアップ?
土地の有効利用として、賃貸マンションをお建てになった方も多いと思います。更地のままでは収益を生みませんし...(続きを読む
 
2017年10月号
相続における広大地評価の大改正!
相続税に関心のある方なら、『広大地』という言葉をご存じの方も多いと思います。読んで字のごとく面積の広い土地のことですが、一定の条件に当てはまると原則的な評価額から大幅な減額ができる特例が用意されているのです。...(続きを読む
 
2017年6月号
売却価額の5%で諦めてはいけない!
個人で所有する不動産を売却するとします。売却益があれば、譲渡税という所得税・住民税が課税されるのは仕方がありません。問題は取得価額が不明の場合です。...(続きを読む
 
2017年1月号
理屈がわかれば、もっと贈与はできます!
相続税対策として、生前の贈与は非常に有効です。ただ、贈与税は高いから、110万円の非課税の範囲内にしておこう、あるいは、贈与税の税率が最も低い10%の範囲にしておこうなど、消極的な贈与が目立ちます。...(続きを読む
 
2016年10月号
相続財産の評価は難しい!
前号でタワーマンションの相続税法上の評価の問題点をお話しました。建物の評価には、様々な問題が含まれていることがおわかりいただけたと思います。...(続きを読む
 
2016年6月号
タワマン節税は本当に終わったのか?
タワーマンションを利用した相続税の節税策、いわゆるタワマン節税が新たな局面を迎えています。一部には、もうこの手法は使えないといった声もある程。...(続きを読む
 
2016年1月号
相続財産の適正な売却時期
相続財産が現預金だけであれば、少なくとも納税の心配はないでしょう。...(続きを読む
 
2015年9月号
住宅資金贈与の要件と相続時精算課税制度
様々な贈与税の特例が打ち出されている昨今です。その贈与税の特例のひとつに、住宅資金贈与があります。...(続きを読む
2015年5月号
小規模宅地等の評価減の特例
相続税において非常に重要な影響を及ぼすもののひとつに、小規模宅地等の評価減の特例があります。...(続きを読む
2015年1月号
税務署はいつまで待ってくれるのか
世間では、相続とは“争族”であるとも言われています。円満に解決ができない場合には、財産分けをめぐって、血で血を洗うことにもなってしまいます。...(続きを読む
2014年9月号
最後のメッセージとしての遺言を考える
“エンディングノート”という言葉をご存じの方も多いと思います。60歳以上を対象としたある調査では、この言葉を知っている人は65%...(続きを読む
2014年6月号
相続税の納税対策にも影響、譲渡税の課税強化
平成26年度の税制改正では、総じて個人は課税強化となっています。しかし、その中でも特に影響の大きいのが、相続により取得した財産を売却した場合の課税関係でしょう。...(続きを読む

賢く活かすあなたの資産の税務講座賢く活かすあなたの資産の税務講座

2014年1月24日
【資産承継】税金いろいろ○×クイズ
税金豆知識をお届けします!今回は趣向を変えて、税についての○×クイズです。答えを隠しながらお読みください。...(続きを読む
2013年8月22日
【資産承継】住宅購入のための資金贈与が最大1,310万円まで無税に
住宅取得資金等贈与の非課税制度を活用しよう
いよいよ子供がマイホームを購入することになったが、親として子供の独立を応援したい……。...(続きを読む
2013年3月25日
【資産承継】小規模企業共済を活用しよう
所得税対策・相続税対策にかなりお奨め 預貯金をしてもほとんど利息のつかないこのご時世、安全で、利回りが高く、有利な税制が設けられている小規模企業共済は、所得税、相続税対策としてお薦めです。...(続きを読む
2012年11月30日
【資産承継】売ってないのに譲渡所得!?にご用心
土地や建物を売って利益が出たら譲渡所得税が課税される。当たり前のこととしてご存知の方も多いのではないでしょうか。...(続きを読む
2012年10月23日
【資産活用】意外と知らない医療費控除
資産家の方だけではなく、本来なら確定申告の必要がないサラリーマンも活用する医療費控除。...(続きを読む
2012年3月14日
【資産承継】「生計を一にする」親族に支払う必要経費
専従者給与を中心として個人事業主が家族に給与等を支払う場合、その給与等は原則として必要経費にはなりません。...(続きを読む
2012年2月20日
【資産承継】遺産分割のやり直しに潜む問題点とその予防策
相続税申告後、新たな財産の存在が判明! 父が亡くなって相続が発生。相続人である子供達で遺産分割協議をし、相続税の申告書を無事提出です。...(続きを読む
2011年12月19日
【資産承継】相続財産が震災にあったら……
今回の東日本大震災で税の申告に影響があるのは、震災地に居住していた人だけではなく、東京在住の人でも影響を受ける場合があります。...(続きを読む
2011年10月7日
【資産運用】居住用財産の買換えと対象期間
転居する場合、自宅が自己所有であれば旧宅は売却して、新居を買換えることが想定されます。...(続きを読む
2011年9月21日
【資産承継】小規模宅地等の減額特例の事例
小規模宅地等の減額特例。使い方によっては、より効果的に威力を発揮します。今回は事例をあげて、この特例の更なる効果的な活用方法を説明します。...(続きを読む
2011年8月16日
【資産活用】源泉徴収制度の意外な穴
給与や報酬から差し引かれる源泉所得税。そもそも源泉徴収制度とは何なのか、今回はその再確認ということで、特に納付期限を中心にご紹介させて頂きたいと思います。...(続きを読む
2011年7月14日
【資産活用】震災Q&A 損害賠償金・災害見舞金を支払った場合
東京電力の損害賠償に関わるニュースが連日世間を騒がせています。この地震に伴い、東京でも貸家のブロック塀の一部が落ち、お隣さんの物置や、借家人の車等を傷つけてしまったなどの例がありました。...(続きを読む
2011年4月26日
【資産活用】等価交換事業を勧められたら
個人で土地を所有している方の場合には、等価交換方式によって建物を建築しましょうと、話を持ちかけられることがあります。...(続きを読む
2010年12月9日
【資産運用】居住用財産の特別控除
国税庁の文書回答より適用漏れを防ぐ! 居住用財産、つまりマイホームの譲渡は、誰にでも可能性があるポピュラーな税制です。...(続きを読む
2010年5月11日
【資産承継】相続税と贈与税の申告
相続税または贈与税の申告は、財産を取得し、税額が生じるときに必要となります。この財産の価額及び税額を計算する上で、面倒でも税務署に申告という手続きを行わないと適用が受けられない特例があります。...(続きを読む
2010年4月21日
【資産承継】事業承継税制による家督相続(隠居制度)の復活か?
家族経営による会社では、代表者はお父様、ご子息は役員だけれども、株式はすべて代表者であるお父様が所有という形態が多いのではないでしょうか。...(続きを読む
2009年12月17日
【資産承継】死亡退職金の支給と相続税
会社の役員でも従業員でも、会社を退職する時には退職金の支給を受けることもあるのではないでしょうか。...(続きを読む
2009年11月19日
【資産承継】相続開始前3年以内の贈与財産の加算
相続税は、原則相続開始時点における財産について課税されます。「相続に備えて子供に贈与をしよう。...(続きを読む
2009年4月23日
【資産承継】申告期限を過ぎてしまったら
どのような税金にも、期限や期日といった数多くの締切ルールがあります。...(続きを読む
2009年3月19日
【資産運用】仲良し姉妹だからこそ、共有関係を解消する時は?
土地や建物などを交換した場合には、税務上そのときの時価により譲渡があったものとされ、課税の対象となります。...(続きを読む
2009年1月29日
【資産運用】特定の事業用資産の買換え特例の活用は
特定の事業用資産の買換えの特例のうち、最も一般的に使われているのが、譲渡の年の1月1日における譲渡資産の所有期間が10年超という条件の特例です。...(続きを読む
2008年12月25日
【資産活用】定期借地権の設定をした時は
平成4年の借地借家法の改正により定期借地権制度が創設されています。これにより、土地所有者は契約更新の心配をする必要が無く、安心して土地を賃貸することが出来るようになりました。...(続きを読む
2008年11月27日
【資産承継】文言一つで相続財産が増加?
賃貸物件をお持ちの場合、避けて通れないのは税務上の修繕費の取扱いです。...(続きを読む
2008年10月9日
【資産運用】居住用財産を譲渡した場合の所得税の特例
居住用財産については税務上様々な優遇措置があります。...(続きを読む
2008年9月11日
【資産活用】土地の使用貸借
土地の利用に際し、民法上の契約パターンとしては、地代等の対価を無償とする使用貸借契約があります。...(続きを読む
2008年7月10日
【資産活用】建築前に確認しよう、消費税の申告方
賃貸用の建物を建築する場合、忘れてはならないのが消費税の申告方法です。手続き次第では建築代金に係る多額の消費税が還付される可能性もあるからです。...(続きを読む

ページの先頭へ