Message
キャリア採用への想い

イノベーション。
現在では世にあふれるキーワードとなっていますが、
三井不動産の歴史とは、イノベーションの連続だったと言えます。
臨海部の港湾浚渫、超高層への挑戦、不動産の証券化など、
その時代の新たなテクノロジーや手法をいち早く不動産業に取り込むことで、
社会課題を解決し、新たなマーケットを創造してきました。

今、人口減少、少子化・高齢化が本格的に進んでいます。
テクノロジーがすさまじい速さで進化し、お客様の求めるものは益々多様になっています。
さらに環境への配慮や持続性に対する社会の関心も高まっています。

これからも社会課題を解決する「三井不動産らしい街づくり」を進めるために、
私たちは常に「次の時代の街づくりには何が必要とされるのか」を愚直に問い直し、
これまで以上に未来を見据えて挑戦していく必要があります。
既存のビジネスモデルの延長線上にとどまり、
三井不動産の知恵だけに頼っていては解決できない課題に、
これから益々直面していくものと危機感を持っています。

三井不動産の総合職キャリア採用には大きな特徴が二つあると思います。

一つ目は、部門や業務内容を指定したポジション採用ではないという点です。
つまり空いたポジション、足りないポジションがあるから採用する、
ということではありません。

二つ目は、不動産業界の経験者ではなく、
様々な業界から多彩なキャリアをお持ちの方を対象としている点です。
実際にこれまでに入社した方も、不動産業とはまったく関係のないキャリアの方ばかりです。
総合商社、金融機関、電機メーカー、医薬品メーカー、コンサルファーム、
中央官庁、プラント会社など、
毎年様々な業界出身の方が入社しています。

三井不動産の社員の特徴としては、総じて会社へのエンゲージメントが高く、
仲間と価値観や想いを共有することを大切にします。
どの部門においても、常にチームで仕事をする環境がそのような文化を生んでいるのかもしれません。
一方でその文化は、ともすると社員が同質化していく懸念をはらみます。
自分たちの企業文化を大切にすると同時に、
もっともっと多様な価値観を受け入れていく必要があります。

ダイバーシティ。
それは三井不動産が、今まで以上に新しい領域にチャレンジしていくうえで、土台となるものです。
多様な、そして力強い個性がひとつのチームにまとまり、知恵を出し合う。
それこそが、この不確実な未来を切り開いていく、最良の手立てだと信じています。

私たちがなぜキャリア採用をするのか。
それは自らを変革し、新たな価値を創造し続ける企業であるために、
私たちとは異なるバックグラウンド、価値観、経験を持つ人材が必要だと考えるためです。

オフィスビル、商業施設、すまい、ホテル、リゾート、物流施設、
三井不動産の事業領域はとても広く、またどれも人々の暮らしに根差したものです。
皆さんの、あらゆる経験が活かせる舞台が、ここにはあります。

イノベーション。
現在では世にあふれるキーワードとなっていますが、三井不動産の歴史とは、イノベーションの連続だったと言えます。
臨海部の港湾浚渫、超高層への挑戦、不動産の証券化など、その時代の新たなテクノロジーや手法をいち早く不動産業に取り込むことで、社会課題を解決し、新たなマーケットを創造してきました。

今、人口減少、少子化・高齢化が本格的に進んでいます。
テクノロジーがすさまじい速さで進化し、お客様の求めるものは益々多様になっています。
さらに環境への配慮や持続性に対する社会の関心も高まっています。

これからも社会課題を解決する「三井不動産らしい街づくり」を進めるために、
私たちは常に「次の時代の街づくりには何が必要とされるのか」を愚直に問い直し、
これまで以上に未来を見据えて挑戦していく必要があります。

既存のビジネスモデルの延長線上にとどまり、三井不動産の知恵だけに頼っていては解決できない課題に、これから益々直面していくものと危機感を持っています。

三井不動産の総合職キャリア採用には大きな特徴が二つあると思います。

一つ目は、部門や業務内容を指定したポジション採用ではないという点です。
つまり空いたポジション、足りないポジションがあるから採用する、ということではありません。

二つ目は、不動産業界の経験者ではなく、
様々な業界から多彩なキャリアをお持ちの方を対象としている点です。
実際にこれまでに入社した方も、不動産業とはまったく関係のないキャリアの方ばかりです。
総合商社、金融機関、電機メーカー、医薬品メーカー、コンサルファーム、中央官庁、プラント会社など、毎年様々な業界出身の方が入社しています。

三井不動産の社員の特徴としては、総じて会社へのエンゲージメントが高く、仲間と価値観や想いを共有することを大切にします。
どの部門においても、常にチームで仕事をする環境がそのような文化を生んでいるのかもしれません。
一方でその文化は、ともすると社員が同質化していく懸念をはらみます。
自分たちの企業文化を大切にすると同時に、
もっともっと多様な価値観を受け入れていく必要があります。

ダイバーシティ。 それは三井不動産が、今まで以上に新しい領域にチャレンジしていくうえで、土台となるものです。
多様な、そして力強い個性がひとつのチームにまとまり、知恵を出し合う。
それこそが、この不確実な未来を切り開いていく、最良の手立てだと信じています。

私たちがなぜキャリア採用をするのか。
それは自らを変革し、新たな価値を創造し続ける企業であるために、私たちとは異なるバックグラウンド、価値観、経験を持つ人材が必要だと考えるためです。

オフィスビル、商業施設、すまい、ホテル、リゾート、物流施設。
三井不動産の事業領域はとても広く、またどれも人々の暮らしに根差したものです。
皆さんの、あらゆる経験が活かせる舞台が、ここにはあります。