S&E総合研究所 三井不動産 サイトマップ &EARTH 都市に豊かさと潤いを 三井不動産

刊行物 | 地活な人々-こころ豊かに 地域活性化- | S&E総合研究所 

地活な人々|こころ豊かに 地域活性化| 発行:ON BOOK 発行日:2009年4月 定価:2,200円+税 「柔軟な発想力と深い愛情を持った人の想いがあってこそ、まちは元気になる!キーマンたちによる未来に続くまちづくりへのヒント」

2009年08月10日 月刊コロンブス(2009.8月号)に書評が掲載されました。
2009年07月01日 新潟日報で紹介されました。
2009年07月01日 月刊「地域づくり」(2009.7月号)で紹介されました。
2009年06月24日 北陸中日新聞で紹介されました。
2009年06月11日 経団連 経団連タイムスに紹介されました。
2009年06月10日 秋田魁新聞で紹介されました。
2009年06月09日 熊本日日新聞で紹介されました。
2009年05月17日 佐賀新聞で紹介されました。
2009年04月20日 日経グローカル(No.122)に書評が掲載されました。
2009年04月16日 三友新聞で紹介されました。



地活な人々 -心豊かに 地域活性化-
序章 こころ豊かな生き方について 考えることから始まる地域活性化 三井不動産S&E総合研究所 辻田 昌弘
第1章 まちを元気にするキーマン 「無いことには障壁にはならない。地域に新しい風を送り血を通わす 6人の豊かな知恵に明日のまちづくりのヒント」


高野誠鮮さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
限界集落からの挑戦 石川県羽咋市
高野誠鮮さん (羽咋市役所 1.5次産業振興会 総括主幹)
神子原地区といわれる山間部の限界集落の棚田で栽培されるコシヒカリがローマ法王に献上され、一挙にブランド化、価格は3倍に。平成19年度「立ち上がる農山漁村」にも選ばれた高野さんの発想と行動力を探る。
  エッジ公務員は地域の天才マーケター
〜限界集落の優良米、アイデア次第でお宝米〜
三井不動産 S&E総合研究所 佐藤 教夫
 

島村卓実さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
ミタテのデザイン 高知県馬路村
島村卓実さん (プロダクトデザイナー)
間伐材を利用した馬路村の工芸品「木のおさら」に島村さんが触発されて生まれた木のバッグ「monacca」。“木を縫う”という世界初の試みを地域連携で見事にオンリーワンブランドとして成功させた、その誕生秘話。
 
よう来たねえ ないないづくしの村から感動が届く
monacca を生んだ 高知県馬路村を訪ねて

山下勉さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
映画『白神の夢』と八森町のそれから 秋田県八森町
山下勉さん (「白神の映画をつくる会」代表)
秋田県最北端、世界自然遺産「白神山地」を臨む八森町(現・八峰町)が舞台の長編記録映画『白神の夢〜森と海に生きる〜』。国内外で大きな反響と深い共感を呼んだこの作品が町に残したものとは。
 
「感覚消費」時代の地域マーケティング
三井不動産 S&E総合研究所 内藤 伸浩
 
後藤健市さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
地域づくりの仕掛け人 北海道十勝
後藤健市さん (場所文化プランナー)
地域づくりのキーワードはその地域にとって欠かせない「場所文化」であるという後藤さんに、「東京」との新たな関係を築いた十勝の具体的な地域再生モデルについて話を聞いた。
 
やっぱりWでっかいどう
〜北海道は世界の一大デスティネーションとなる〜
三井不動産 S&E総合研究所 池田 磨佐人
 
藤井康一さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
ご当地ソングが広げる輪 佐賀県佐賀市
藤井康一さん (ミュージシャン)
牧伸二も認めた、「ウクレレを抱いた渡り鳥」牧伸三こと藤井康一さん。年間150日に至るというライブはすべて違うまち、違う人、そして違う食べ物との出会いで成り立っているという。
 
現代の吟遊詩人 ミュージシャンは旅をする
三井不動産 S&E総合研究所 辻田 昌弘
 
松山 剛士さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
30代がつくったかまどカフェ 滋賀県高島市安曇川町
松山 剛士さん (農業 泰山寺ソラノネ紀伊國屋 店長)
Uターンで故郷・安曇川にかまどを使って炊飯体験ができる“かまどカフェ”を作った松山さん。地域内外から多くの人々が集まり、その滞在時間も2〜3時間は当たり前で、半日過ごしていく人もいるという。
 
「ライフスタイルツーリズム」のあり方
三井不動産 S&E総合研究所 瀧山 幸伸
 

第2章 映画とまちづくり 「映画づくりも、まちづくりも一人の力では限界がある点で似ている。中央に頼らない映画製作でまちに変化を起こす人たち」


黒川裕一さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
熊本を日本一の映画のまちに
黒川裕一さん インタビュー
東京大学を卒業後、アメリカで映画監督を目指した黒川さん。長い海外での経験を経て彼はなぜ故郷・熊本の地で映画のプロジェクトを始めようと思ったのか。
森田 貴英さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
まち≠まるごと映画にする!目指すはまちづくり日本一!
 『降りてゆく生き方』
 森田 貴英さん インタビュー
新潟を舞台にしたこの映画のプロデューサーを務めた森田さんは企業法務が専門の弁護士。多くの「上っていく生き方」の人々との関わりの中で、本当の幸福を問い始める。そんな時映画作りの話が持ち上がった。
森 太熊さん
地活な人々|こころ豊かに 地域活性化|
ここは夢が叶うまち・にいがた
『降りてゆく生き方』 森 太熊さん(俳優) インタビュー
(株)リクルートでトップ・セールスマンだった森さんは、満たされないものを感じて退職。その日に偶然出会ったのが森田さんだったという。ボランティア・スタッフとして駆け回っていたある日、主役に抜擢される。
 ■事例研究1 シアターキノ(札幌)
 ■事例研究2 山形ドキュメンタリー映画祭
 ■事例研究3 八丈島フィルムコミッション

第3章 まちに想う まちを想う 「日本中どこにあっても日々の暮らしを愛する気持ちは変わらない。それぞれの分野のエキスパートがそれぞれの視点から語る まちと人とのかかわり」


ブログの力を借りて蘇った幻≠フ八戸鯖 / 亀田 武嗣

Tシャツが結ぶ人の縁、まちの縁 / 久米 信行

世界に通用する日本酒を地域から発信する /  松崎 晴雄

まちおこしは造り酒屋から。造り酒屋をウェルカムセンターに
         /  三井不動産 S&E総合研究所 瀧山 幸伸

地域活性化に思うこと?湯河原より / 田口 ランディ

ヒルズからは見えない青山・西麻布 
─都会の隠れ家に見る地域性・人・飲食文化─ /  相川 藍

地域の連帯感と和を背負う ─深川八幡水掛け祭り─ / ゆはら きみこ

結びつきの音楽「ガムラン」 ガムラン奏者 櫻田 素子さん インタビュー

ノマド(遊牧民)のJターン起業 
─ネットが可能にした地域と企業の新しい関係─  / 田原 洋朗

離島の魅力を引き出すクリエイターたち?
      /  三井不動産 S&E総合研究所 瀧山 幸伸

地域にも人間にも癖のある生き方を / 佐伯 剛

超高層ビルのあなたの空遠く 
─中央と地方との存在意義について─ /  橘川 幸夫

取次ニッパンがプロデュースする地域検定

地方の国立大学や自治体と手を組み、大手旅行代理店が取り組む
生涯教育とは? 「シニアカレッジ」に見る地域との交流! 
本間 義信さん インタビュー

第4章 文化財でまちおこし 「世界遺産ばかりが話題になる中で日本各地には一般には知られていない数多くの文化財が眠っている。それらの持つまちおこし力を探り学びの旅を育てる」 三井不動産S&E総合研究所 瀧山 幸伸
レポート
コラム
刊行物
ケアデザインネット
 
あなたを想うことからページの先頭へ
copyright 2015 Mitsui Fudosan Co., Ltd. All Rights Reserved.
三井不動産のプロジェクト
ON BOOK Amazon